2012年4月アーカイブ

桜満開

 

春爛漫、暖かくなってきて、活動的な季節になってきました。風も爽やか、いい季節ですね。

 

ヒトも動きやすい季節になってきたということは、その他の動物も、活動を開始します。

 

ということは、タンスの中にいる虫も、活動をするということです。^^;

 

害虫は、卵→幼虫→成虫という順番で、形を変えていきます。一般的には、この時期、卵から虫がかえり、幼虫になります。卵の時期は、何もしませんが、幼虫から成虫になるには、栄養分が必要になります。幼虫の間に、害虫は、タンスの中の衣類を、食べてしまいます。

 

想像すると、気持ち悪いですが、自然の摂理なので、ここは、受け止めることにしましょう。

 

では、どうこれを食い止めるかということですが。

この時期、衣替えと称して、タンスを開けることにしましょう。

そして、幼虫の活動を食い止めます。

 

防虫剤を、交換してください。

 

防虫剤の種類には、4種類あります。

 

①樟脳

②ナフタリン

③パラジクロルベンゼン

④ピレスロイド系

 

最近は、無臭のピレスロイド系が多く使われています。ピレスロイド系以外の防虫剤は、化学反応を起こしてしまいますので、併用しないでください。

 

具体的には、「嵯峨乃や」の着物保管(防虫剤編)に記載しています。

 

効き目が良い、悪い、ではなく、保管状況に見合った、防虫剤を選ばれることが賢明か、と思います。

 

着物を美しく保っていただき、美しい着物を着用いただくために、この時期、防虫剤の交換をお勧めします。

着物の撥水加工は、繊維の一本一本に特殊な加工を施して、水に濡れても、水の玉を作って、はじいていきます。

パールトーン加工

 

雨の日や食事時に、水に濡れても、簡単に処理することができます。

 

水分ははじいていますから、こすらずに、丁寧に乾いたタオルなどに吸い取れば、水分が取れ、着物をきれいなままで保つことができます。

 

こういう加工をされると、いつまでも美しい着物を着用できます。

 

ただ、ここで、ご注意が必要です。

確かに少しの水しぶきなら効果がありますが、自分で拭いて汚れが落ちた気になっていると、次回着る時に、シミが変色してしまっていることが、あります。

 

撥水加工をすると、シミがついても自分で拭けばすむと思っている方が多いのですが、うまくシミ抜きをしないと、繊維にはその成分が残ります。その成分を取り除いたつもりで、そのままにしていると、カビシミになってしまうことがあります。

 

数年後、着物が、カビだらけになってしまう可能性が出てきます。

 

つまり、撥水加工をしていても、食べ物などがついた時などは、日数を開けずに、クリーニングや、シミ抜きをしたほうがいいのです。

 

撥水加工をされていても、着用した具合によって、洗っておいたほうがいい場合があります。

 

是非、お気軽にご相談ください。

京都の祇園で、自動車による大惨事が起こりました。とても、遺憾で、巻き込まれた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

そのニュースを見ながら、思い出したことがありました。

京都は、道路が、碁盤の目になっていて、道路にたくさんの名前が付いています。

本当に知らない方は、どこにいるのかもわからなくなってしまいます。

 

そこで、道路を覚えるために、京都には、「わらべうた」があります。

幼い頃から、聞いていたので、忘れないで今もしっかりおぼえています。

 

「まるたけえびすに、おしおいけ、あねさんろっかく、たこにしき、しあやぶったか、まつまんごじょう。」

 

といいますが、節がわからないと、伝わりにくいですね。(^^ゞ

 

京都の通り

解説をすると。京都市内のすべての道ではなく、ちょうど中心部あたりの、東西に通る、道路の歌です。

 

そして、丸太町通(まるたまちどおり)から五条通(ごじょうどおり)の間の道路の歌です。

もちろん、丸太町通の北にも、東西に通る道路はありますし、五条通より南にも、道路は、十条通を越えて、あります。

 

なぜ、この間の道の歌が「わらべうた」になったのか、わかりません。

 

それでは、具体的に・・・

 

まる・・・  丸太町通(まるたまちどおり)

たけ・・・  竹屋町通(たけやまちどおり)

えびす・・・ 夷川通(えびすがわどおり)

に・・・   二条通(にじょうどおり)

おし・・・  押小路通(おしこうじどおり)

おいけ・・・ 御池通(おいけどおり)

あね・・・  姉小路通(あねやこうじどおり)

さん・・・  三条通(さんじょうどおり)

ろっかく・・・六角通(ろっかくどおり)

たこ・・・  蛸薬師通(たこやくしどおり)

にしき・・・ 錦小路通(にしきこうじどおり)

し・・・   四条通(しじょうどおり)

あや・・・  綾小路通(あやのこうじどおり)

ぶっ・・・  仏光寺通(ぶっこうじどおり)

たか・・・  高辻通(たかつじどおり)

まつ・・・  松原通(まつばらどおり)

まん・・・  万寿寺通(まんじゅじどおり)

ごじょう・・・五条通(ごじょうどおり)

 

となります。

 

節をつけると、覚えやすいかもしれません。

この日記で、節を伝える術を知らずに、すみません。

ただ、京都に行かれる時に、ちょっと覚えておくと便利かもしれませんね〜(^^)

 

追記。

Facebookのお友達から、YouTube で聞けることを教えていただきました。ので、リンク貼ります。

 

最近、「着物女子」と呼ばれる方々が、和服を着て、街に繰り出しておられるそうです。\(^o^)/

 

20代〜40代の女性が、着物を着て、ランチをしたり、パーティーをしたりされるそうです。

 

着物を愛される女性が、着物を着て、街を歩き、友人方々と楽しくひとときを過ごされる。なんて、素敵なことなのでしょう。

 

着物を着られる方が多くなると、日本の文化が継承されているんだなぁと、嬉しくなります。(^^)

 

「着物女子」と言う言葉は、何か新しさを感じますね。

最近の言葉で、「女子会」と聞くと、女性が元気で、素敵に集っておられ、爽やかな感じがするのは、私だけでしょうか(^^ゞ。

私が、男だからかもしれませんが、とても興味をそそります。

「女子」という言葉に、憧れているのかも・・・(^^ゞ。

 

そう思うと、「着物女子」とは、うまく命名したなぁ〜と感動を覚えた次第です。(^^)

 

とにかく、最近、着物を楽しむ方が、増えているようですね。

 

ちなみに、男性の着物愛好者は、「和服ダンディー」と呼ばれているそうです。

なんか、かっこいいですね。(^^)

 

「着物女子」「和服ダンディー」。素敵な新語だと思いました。

成人式振袖

2012年1月8日 恵那市成人式会場にて

皆さん、可愛いですね。着物っていいですね〜。\(^o^)/

最近では、着物は、普段着として着られることが少なく、公式の場やパーティーなど、お酒の席でのご着用が、多いのではないかと思います。

 

お酒の席となると、お酒をこぼしたり、お酒がついた手で触ったり、と、いろんなことが起こります。

 

こぼしたときは、日数を空けずに、洗いに出していただければ、その成分を洗い流せばいいのですが、お酒がついたことを知らずに、そのまま片づけたりすると、その部分が、酸化して、染料がとんでしまったりします。

 

色抜けです。

この事例は、お酒で色抜けしたかどうかはわかりませんが、色がとんでしまっています。

色抜けbefore.       色抜けafter

                                 before                                                         after

 

同じ色の染料で、色を入れました。

 

ただ、酸化すると、生地が弱ってくる可能性があります。そうなると、色も入らなくなってしまいます。

同じ色にならない、ということです。

 

そう思うと、お酒の席の後に、何年も着なく、しまっておかれる可能性があるときは、洗いに出されるほうが、着物を美しく保っていただくためには、有効かと思います。

紬(つむぎ)の着物の、シミ抜きは、やりたくないという同業がいます。

 

紬は、染色した糸を織りにしています。要は、先染(さきぞめ)の着物です。

ですから、失敗して、色が抜けてしまうと、染料を後から足すことができません。

 

紬のカビシミは、手ごわいかもしれません。

 

紬の洗いとともに、シミ抜きをいたしました。

 

カビシミ紬before   カビシミ紬after

                              before                                              after

 

洗いもいたしましたので、汗や脂分も落とせて、次のご着用まで、ご安心いただけます。

 

あきらめないで、ご相談いただければと、思います。

お料理とともに、楽しませてくれたアイテムを紹介します。

アペタイザー

アペタイザー

サービスの方に、ミッキーが隠されてるんですよと言われ、お皿をみんなが見て、おぉ~と歓声があがる。(^^)

隠れミッキー1     隠れミッキー2

そう、隠しミッキーは、ティアラやイヤリングにも・・・

 

魚料理

魚料理

真鯛と帆立の湯葉巻き トマトとケッパーのバターソース

 

アルコールが程良く回ってきて、いい気分で撮っています。(^^ゞ

 

肉料理

肉料理

ビーフテンダーロインとリ・ド・ヴォのクレピーヌ包み マッシュルームの香り バイオレットマスタードソース

です。

 

この辺りになるとずいぶん回ってきていていて・・・(^^ゞ

 

デザート

デザート

ラズベリー風味のチョコレートムースとパイナップルのアイスクリーム

 

ここにも、ミッキーが・・・

 

ただ、ここまで来ると、撮影者が酔っ払っておりまして・・・

ひどい写真をすみません。

見送り

ここまで、楽しませてもらったのは、2人のおかげです。ありがとう。

必ず幸せになると信じています。

一輝、沙弥香、結婚おめでとう!!

 

個人的な日記に付き合っていただいて、ありがとうございます。どうも、すみませんでした。<m(__)m>


沙弥香ちゃん

教会入り口でワンショット

楽しい写真撮影の後は、いよいよ、お楽しみの食事会です。

ケーキの前で  ウエディングケーキ  ケーキの前のミッキーミニー

ナフキン1 ナフキン2 テーブル装花

2人を待つ間は、ディズニーづくしで、楽しませてもらい、アルコールも少々入って、気分良くなってきました。

2人の入場

2人の登場です

キャンドルサービス  ケーキ入刀

メイン席にて

いろんな演出をした後、席に着き、宴席が始まりました。

ディズニーウェディング4へ続きます。

結婚式の後に、セレモニーが行われました。

 

このセレモニーが、盛り上がりました\(^o^)/。

 

チャペルの外に出ます。

                                  夜の桜   ガゼボに立つ2人

 

夜桜です。2人は、外のガゼボへ。

 

と、そこへ、ミッキーとミニーが・・・

 

ミッキーミニー

 

 

                                    ミニー署名

                                    ミッキー署名

署名をしてくれました。

                                    ディズニーウエディング

ミッキー・ミニーと記念撮影

ミッキーミニー1  ミッキーミニー2  ミッキーミニー3

ミッキーミニー4  ミッキーミニー5  ミッキーミニー6

あとは、ミッキーとミニーが帰るまで、大騒ぎで、楽しいセレモニーとなりました。

結婚証書

サインはこうなりました

食事会は、ディズニーウェディング3へ続く。

ミッキーマウス

平成24年3月24日に、結婚式を、ディズニーアンバサダーホテルで、行いました。

 

記録のために、この日記を使わせていただきます。

たいへん個人的な日記で、すみません。m(__)m

 

 

         新郎・一輝、新婦・沙弥香の結婚式です

アンバサダーホテル

                ディズニーアンバサダーホテル

アンバサダーホテル中庭

                 とても、リゾートっぽいです

          ディズニー桜 ディズニー菜の花 ディズニー花.JPG

お花もきれいで、桜が咲いており、菜の花と桜の色合わせが、とてもきれいだったです。

 

     新郎新婦入場です!

           一樹入場  沙弥香入場

 

指輪の交換

                     指輪の交換

誓いのキス

                     誓いのキス

結婚証明署名                    仲良く署名

ディズニーウェディング2へ続く。

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee