梅雨対策

| コメント(0) | トラックバック(0)

爽やかな5月の風が、行動的にさせてくれている季節になっています。

あの寒かった冬は、どこへやら・・・

そして、これから暑い夏を迎えることになります。(^^ゞ

 

と、その前に。ジメジメの梅雨を乗り切らなくてはなりません。

日本の気候で、これは避けられない季節ですので、受け入れることにいたしましょう。

 

では、梅雨の時期に何が心配になるのかを考えてみます。

 

私は、「たいせつな着物を美しく着ていただきたい」と常に考えております。ので、思考は、タンスの中に移ってしまいます。(^^)

 

私は、カビの発生を心配しております。

 

カビ胞子カビは、写真のような胞子(種)をそこらじゅうにまき散らして、子孫を残していこうとします。

 

空気中にたくさんまき散らしますので、風に乗り、衣服や肌にくっついていきます。

 

そして、落ち着いたところで、活動が始まります。

 

カビの発育要因は、酸素、温度、湿度、養分の四つの条件があって、活発になります。

 

カビは、湿度が60%を超えると、活発になると言われています。激しい活動は、80%以上です。

 

ちなみに、温度は、15℃〜30℃で、活発になり、36℃を超えると活動は、止まるそうです。

また、タンパク質、炭水化物、アミノ酸、脂肪、無機塩類等を栄養素としています。

 

これらを検討すると、

①酸素は仕方ないとして、

②温度を15℃以下に、

③湿度を60%以下にして、

④栄養となるものを取り除けば、

カビの発生は、抑えられる可能性があります。

 

カビシミ1 カビシミ2 カビシミ3

何度も、掲載させていただいていますが、たいせつな着物にカビがはえると、とても残念です。

 

そこで、梅雨対策は、

 

①タンスを開けて、着物を点検することから始めてください。

これは、この時期に風を通すことで、湿った空気を入れ変えます。

 

②そして、栄養素となるものを除去します。丸洗いすることで、着物に付いたカビの原因となるものを洗い流します。

 

③タンスに、調湿剤や除湿剤を入れます。湿度を60%以下に保つようにします。

 

梅雨に突入する前、爽やかなこの時期の、天気のいい日に、梅雨対策をして、夏を迎えてくださるといいなぁと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kimono-saganoya.com/mt/mt-tb.cgi/120

コメントする

ホームページへ

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee