2013年4月アーカイブ

先日、2月3日の嵯峨乃やの日記「岐阜県恵那市の笠置峡」で、書きました、笠置峡に、春が来ました。(^^)

暖かな日差しの中で、美しい桜が咲いています。

ご紹介した通り、これっと言って、見ごたえのある景勝地ではありませんが、ゆったりと流れる木曽川の川面の色がきれいな緑色で、アクセントで、桜の薄ピンク色が、春の到来を告げる、のどかな風景です。

笠置峡と桜

 

笠置峡武並橋と桜1  笠置峡武並橋と桜2

笠置峡にかかる武並橋と桜もなかなかのものです。(^^) 自己満足です。(^^ゞ

 

嵯峨乃やバナー180×88

除虫菊(じょちゅうぎく)の栽培を始めてみました。

除虫菊なんていいますと、とても怪しい植物のように感じますが、蚊取り線香の成分に使われているピレスロイドという成分は、この除虫菊から抽出されます。

ただ、今は、ピレスロイドの化学式がわかっていますので、蚊取り線香や防虫剤のピレスロイドは、天然ものではないものが使われています。

そこで、天然ものを抽出できないものだろうかと考え、栽培を始めてみました。

 

前置きが長くなりましたが、レポートに移ります。(^^)

種まき時期は、4月、桜の見ごろ時期と聞きましたので、実は、思いついた時から、約半年間待っていました。

まず、初めは、催芽処理(さいがしょり)といいまして、芽がでやすい環境に、種を保存します。

水を含ませた布に包んで、約一週間、冷蔵庫に保存します。

除虫菊の種

除虫菊の種

催芽処理  発芽しています

このように、乾燥しないように、ビニール袋に入れて、一週間、冷蔵庫に保存します。すると、少し、芽が出てきました。\(^o^)/

 

種まき用箱  種まき

そして、水を含ませた種まき用の土の上に、パラパラっと、その催芽処理をした、除虫菊の種をまいて、様子を見てみました。

 

楽しみで、毎日、どんなになっているか見ていますが、日々、成長していく様がわかります。

とってもかわいいのです。

一週間後芽が出てきました

種まきをしまして、約一週間の今朝の除虫菊です。緑色がしっかりとわかり、植物らしくなりました。

これからどんどん大きくなっていくのでしょう。そして、花が咲きます。花は、来年の春の予定です。つまり、一年間見守り続けなくてはなりません。(^^ゞ。

この、研究は、花が咲いて、天然のピレスロイドを抽出して、防虫効果を得ることができるまで、私の趣味の範囲内で続けられます。何年かかるのでしょうか?(^^ゞ

 

「嵯峨乃やの日記」に忘れたころに、掲載されることでしょうが、気を長く、お付き合いください。(^^)

 

そして、嵯峨乃やのホームページには、着物保管(防虫剤編)を記載しています。ご参考に、お読みください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

なかなか、「嵯峨乃やの日記」を書くことができず、久しぶりに書けた日記が、これですが・・・(^^ゞ

とりトマ丼のスタンプが、あと、2つになりました。(^^)

今日は、ここ、ドライブイン福岡です。

福岡といいましても、こちらは、岐阜県中津川市の福岡という地名にあるレストランです。福岡出身の有名人や偉業の方が多く、素晴らしいところです。

おっと、とりトマ丼の紹介をしなくちゃ・・・\(^o^)/

チキンがとてもおいしく焼いてあり、その上にチーズが何とも絶妙にかかっており、さっぱり野菜がたっぷりのたいへんおいしいとりトマ丼でした。

ドライブイン福岡のとりトマ丼

とりトマスタンプ6個目

是非、お勧めします!!

 

嵯峨乃やバナー180×88

このような、小紋の着物のシミ抜きをさせていただきました。

小紋before

before

小紋after

after

実は、もう少しいろんな部分にシミがあったのですが、代表的な部分だけ紹介しました。

一か所だけカビがついてしまったってことはあまりなくて、カビを、何か所かは発見してしまいます。これは、カビが発生しやすい環境になっているので、おそらく、着物一面が、カビ生育の場になってしまっているのでしょう。

カビの発生についての記事を、嵯峨乃やホームページの「着物保管(カビ編)」に紹介しています。ご参考までに。

 

嵯峨乃やバナー180×88

今年の入学式に着用しようとご準備されたら、よく目立つカビシミがありました。

このような、白っぽい生地に、茶色いカビシミがつくと、目立ちますね。

カビシミをとらせていただきました。

左後袖before450x300

before

 

左後袖after450x300

after

お話を伺ってみると、前回は、お宮参りの時だったそうです。

タンスの中で、カビシミになっていました。

着用の後、何年もタンスを開けることなく、今回のご準備であること、と聞くと、カビの栄養となる成分を着物に残したまま片づけられているのかなと思います。

着物を片付けて、その後数年間着ない可能性があるときは、洗って、片づけるようにお勧めします。しかし、そのこと以上に、私は、来週に行われる入学式に、気持ちよくご着用いただけることが、とてもうれしいです。

 

嵯峨乃やバナー180×88

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee