木曽ねずこ下駄を訪ねて。

| コメント(3) | トラックバック(0)

履物は、人間の生活に欠かせないものです。

日本の伝統的な文化には、下駄、草履といった、履物がありす。着物を着るにも、やはり、草履や下駄でないと、しっくりきませんね。(^^)

見た目だけでなく、生活の一部として、また、健康的な履物として、見直したい、との思いから、木曽を訪ね、「木曽ねずこ下駄」の話しを聞いてきました。

木曽の日義(ひよし)にある「かみむら」さんです。

創業100年かみむらさん  鼻緒がたくさん

もともと下駄の鼻緒のすげ替えをされておられいた、かみむらさんは、創業100年を超え、今は、履物(靴)の専門的なお店として、地域だけでなく、近くの大都市では、名古屋圏のお客様からも支持を得られています。

「下駄に替って、靴になっても、履物の一人者になる。」という姿勢を感じ、そういう意味では、たいへん勉強になりました。

木曽ねずこ下駄説明

お会いすることはできませんでしたが、鼻緒のすげ替えをされている94歳のおばあちゃんは、ますますお元気だそうです。そして、見た目も美しく、履きやすい木曽ねずこ下駄を普及すべく、尽力を尽くされているとのことです。頭下がります。

 

そして、この体験は、このあとすぐに生かされることになろうかと思います。

近々、この「嵯峨乃やの日記」で、発表しますので、お楽しみに、少しお待ちください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kimono-saganoya.com/mt/mt-tb.cgi/261

コメント(3)

湿気の多い日本ですから
それにあった着物や衣食住の文化がありますね

伯爵様
お疲れ様です。
下駄、奥深くて、面白かったです。(^^)

おはようございます

主人は、冬でも足袋も履かず、草履です。
お店では、下駄を愛用しています。
車を下駄で運転するわけにはいきませんものね。

鼻緒は、履いている内に、足にピッタリしてきて、
安定感が出てきますね。

コメントする

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee