徒然の最近のブログ記事

春から夏にかけては、いろんな花が咲いてきます。

この時期咲くもので好きなのは、「桐の花」。

自分でも変わってるな~と思うのですが、あの妖艶なところが好きなんです。

枝ぶり、遠くから見るとホワホワっと花がありますが、近くで見ると結構大きく、しっかりした花で、上に向かってピンと伸びているのも面白い。

といろんな感想の中、写真を撮ってきました。

桐.jpg

ちなみに、花は、こんな感じ。

桐の花1.jpg

豊臣秀吉が、家紋にと、賜ったことで、出世の木とも言われていますよね。

あやかりたい~\(^o^)/

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

嵯峨乃やは、お客様のニーズに応えて、お客様の生活にお役に立つべく、日々活動しています。

ここで、嵯峨乃やが、お客様にできるサービスや販売できることをまとめておきます。

まず、着物クリーニング、着物のシミ抜きです。着物を美しく保管いただきたい、そして、次回のご着用の際に憂うることなく、保管いただくためのサービスです。

そして、各種着物仕立て、染め替えなども承っています。

 

そして、着物リフォームをいたします。タンスの中で、次の活躍の機会を待っている着物にチャンスを与えるべく、特に、アロハシャツへのリフォームを提案しています。

着物リフォームシャツ

 

そして、昨年秋に新製品発表をしました、五本指下駄の販売をしています。

ブランド名は、GETALS(ゲタル)といいます。足を五本指に開放することで、健康を促進させます。

GETALSイメージ写真

GETALS(ゲタル)は、意匠登録、商標登録の出願中です。

http://www.kimono-saganoya.com/getals/    が、ページです。

 

そして、今年の春に発表ができる予定ですが、檜を使ったチェスト(小タンス)の販売をいたします。

これは、Facebookページの 「檜deチェスト」(https://www.facebook.com/cypress.chest.jp)で、プロジェクトの詳細を投稿しています。

 

嵯峨乃やは、上記のサービスで、お客様のニーズにお応えします。

今年一年よろしくお願いします。<m(__)m>

 

GETALSイメージバナー    GETALSのページ         嵯峨乃やバナー180×88.JPG     嵯峨乃やのページ

 

先日、お客様のご依頼で、お嬢さまが、七五三のお祝いの時に、着られた着物を丸洗いとシミ(汚れ)が多少ありましたので、きれいにさせていただきました。
 
で、お客様から、メールをいただきました。
「今日、着物が届きました。1枚1枚丁寧に仕上げていただき、ありがとうございました。
娘と帰ってきた着物を見ながら、「これはいつ着た着物?」との問いに答えながら、長く放置していたこと、反省しました。
今回、きれいにしていただいた着物達、時々は出して風通しして、大事に保管します。」
 
という、内容でした。
 
私は、とてもうれしかったです。着物がきれいになって、お客様が喜んでくださった、という以上に、洗濯させていただいた着物を通して、母娘の会話が弾んだこと、お母さまの、お嬢さまに対するその当時の思いが、思い出となって、蘇ったことが、垣間見られたことが、とっても、うれしかったです。
 
最近、お母さまが着られた振袖を、お嬢さまの成人式に着られるという方が、多いのですが、振袖をタンスから出して、確認される時など、同じような、当時を振り返った思い出話に、母娘の絆が深まっていくのだろうなと、思いました。
 
そのような、ご家族の団欒のお手伝いをさせていただけたことに、感動しました。
 
Y様 どうもありがとうございました。
 

うれしいお便りをいただきました

女の子の着物 カワイイですね~

 

嵯峨乃やバナー180×88

私、Facebookで、毎日、情報交換や、交流をしています。

自分自身の幅も広がりますし、友人が増えて、個人的にも、ビジネス的にも、人脈が広がっていく、いいきっかけになっています。

ただ、ずぼらな性格は、なかなか変えることができず、中途半端な交友関係でいることは、否定できませんが・・・(^^ゞ

皆さんにご迷惑やご心配ををかけています。すみません。m(__)m

 

今回、私の管理するFacebookページで、『和空間(着物)』というページを始めました。

着物を扱っている人間として、着物を通じて、日本人の心を表現したいとの思いから、始めました。

毎日、投稿する予定にしています。よろしければ、毎日、ご覧ください。

「いいね!」 「コメント」大歓迎です。ご存じだとは思いますが、この『和空間(着物)』にいいね!をいただけると、あなたのニュースフィードに書きこまれます。\(^o^)/

 

facebookページ和空間(着物)プロフ写真

プロフ写真に使わせていただいたエリカさん

 

facebookページ和空間(着物)カバー写真

カバー写真に使わせていただいた機織機

 

是非とも、末永い交流をしていただければと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

嵯峨乃やバナー180×88

年齢を重ねると、体がままならなくなってきます。(^^ゞ

 

変革と言いますか、気分を変えるための変身用にと、メガネを買いにいきました。店員さんと、いろいろ相談していて、実際に視力を測ってもらったら、老眼とのこと。

そういえば、PCの画面や、新聞、書きものがここ最近見づらくて、億劫になっていました。

そんなに見にくかったのなら、ということで、近中距離用のメガネを購入。いわゆる、「老眼鏡」。店員さんには、運転の時は、かけないでくださいね。と念を押されました。

 

近くがこんなに見やすいなんて、世界が変わったようです。\(^o^)/

 

しかし、老眼鏡をかけなければならない歳になってしまったのか・・・(T_T)

 

嵯峨乃やのめがね

 

嵯峨乃やバナー180×88

履物は、人間の生活に欠かせないものです。

日本の伝統的な文化には、下駄、草履といった、履物がありす。着物を着るにも、やはり、草履や下駄でないと、しっくりきませんね。(^^)

見た目だけでなく、生活の一部として、また、健康的な履物として、見直したい、との思いから、木曽を訪ね、「木曽ねずこ下駄」の話しを聞いてきました。

木曽の日義(ひよし)にある「かみむら」さんです。

創業100年かみむらさん  鼻緒がたくさん

もともと下駄の鼻緒のすげ替えをされておられいた、かみむらさんは、創業100年を超え、今は、履物(靴)の専門的なお店として、地域だけでなく、近くの大都市では、名古屋圏のお客様からも支持を得られています。

「下駄に替って、靴になっても、履物の一人者になる。」という姿勢を感じ、そういう意味では、たいへん勉強になりました。

木曽ねずこ下駄説明

お会いすることはできませんでしたが、鼻緒のすげ替えをされている94歳のおばあちゃんは、ますますお元気だそうです。そして、見た目も美しく、履きやすい木曽ねずこ下駄を普及すべく、尽力を尽くされているとのことです。頭下がります。

 

そして、この体験は、このあとすぐに生かされることになろうかと思います。

近々、この「嵯峨乃やの日記」で、発表しますので、お楽しみに、少しお待ちください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

今年の初めから、お客様とランチ会と称して、リーズナブルで、おいしいランチを食べに行っています。(^^)

今回、6月23日に行ってきました。

長野県の木曽の開田高原の入り口付近にある、『時香忘』(じこぼう)さんです。

お店の入り口には、「幻の蕎麦」との看板があり、「ZCOBO」英語にすると読めません。(^^ゞ

時香忘看板1  時香忘看板2

時香忘入口 時香忘エントランス

エントランスから入っていくと、お店まで、木材でできた回廊で結ばれていて、木々が植えてあり、森林浴を楽しみながら、お店にたどり着くという感じです。

お客様と時香忘にて

嵯峨乃やのお客様の多々良様と田中様です。ワクワクしながら、お蕎麦を待っています。(^^)

時香忘の蕎麦

おろし蕎麦です。辛み大根が、田舎風ッぽい素朴なお蕎麦の旨味甘みを引き立たせて、とってもおいしいお蕎麦でした~\(^o^)/


  時香忘の蕎麦湯 時香忘の焼き蕎麦がき

左は、蕎麦湯です。蕎麦湯には、ビタミンEが含まれていて、肝臓などにいいと言われていますが、この蕎麦湯は、とっても濃厚で、蕎麦湯の効能を感じてしまうような、おいしい蕎麦湯でした。右は、「焼き蕎麦がき」です。そばの風味がとっても良く、もちもちで、味付けのりを巻いて食べるのですが、絶品でした。(^^)

時香忘」さん、ホームページは現在作成中ですが、yahooで、「時香忘」と検索すると、お客様からのご意見が見れますとのことです。

 

嵯峨乃やバナー180×88

 

先日、納品に行ったときのこと、お客様が、「二重太鼓を一人で結ぶことを目標に、着付け教室に行き始めているんですよ。」という、お話しをされていました。

着物を久しぶりに着てみて、気分がよかったので、一人で着れるようになれば、もっと楽しくなるんだろうな、と、とても楽しくお話しされていらっしゃいました。

「今は、お太鼓がとりあえず、結べるようにと、名古屋帯で練習中ですが、といっても、この習得にたいへん時間がかかりそうで、袋帯にたどり着くには、何年かかることやら、でも、絶対に二重太鼓を一人で着れるようになります。」と、決意のように語ってくださったのが、とても楽しそうでした。

この日記を読んでくださっている方には、このお話しがどういう意味なのか、サッパリわからないという方も、いらっしゃるかもしれませんが・・・(^^)

普段、洋服を着なれていらっしゃる方が、着物に慣れ親しもうと努力されていることに、とても感動をし、また、目標に近づくためには、具体的に決めて、行動を起こし、楽しくやっていくことなんだろうなと、お客様と数分の会話でしたが、とっても楽しいひとときでした。自分が楽しんでいれば、周りも楽しくなるのかもしれない、とも感じました。(^^)

皆さん、何か楽しいことやってますか?

 

着物単衣1

 

嵯峨乃やバナー180×88

木曽ヒノキのある神宮備林

木曽ヒノキを擁する神宮備林

森林浴とは、樹木に接し、精神的な癒しを求め、健康になるために、ひと時を過ごすことですね。

この写真を見ても、森林浴にはなりませんが、木に接すると、森林浴になります。

これは、「フィトンチッド」という物質が、作用していると言われています。木々が発する香りのことです。木のいい香りは、植物が、害虫や細菌から身を守るために、発散する香りで、防虫や殺虫、殺菌の効果があります。

そして、この香りは、虫や菌に対する効果であって、人間には、とても有益に働くのです。

人間には、精神安定や体の調整に、とても役立つ香りなのです。

こんな例があります。山の中で働く人たちは、二日酔いや、ちょっとした風邪、あるいは軽いノイローゼ等は、仕事をしている間に治ってしまうと言われているそうです。

これがいわゆる森林浴の効能、フィトンチッドの吸収効果なのです。

木曽ヒノキ300x450

木曽ヒノキ

そして、その「フィトンチッド」は、ヒノキから多く発散されます。

つまり、ヒノキを使った建造物や木工品には、防虫・殺菌・精神安定効果が必然的についてくるということになるのでしょうか。

木の香りには、人をリラックスさせ、ダニの行動を抑制する効果があると、森林総合研究所の実験結果も発表されています。

ヒノキは素晴らしい木ですね。(^^)

 

嵯峨乃やバナー180×88

ヒノキのいい香りが、私たちの生活にとても有用な効果をもたらします。

 

ヒノキには気分を落ち着かせる効果や抗菌効果などをもつ有用な物質が多く含まれていることが報告されています。

アロマ効果によるリラクゼーションは、ホッとした気分になり、一日の疲れもすぐにとれそうです。

 

あと、防虫・殺菌効果は、このヒノキの香りが、効果を発揮してくれます。

この効果は、「フィトンチッド」と呼ばれています。旧ソ連のB.P.トーキン博士は、『フィトン(植物)が、チッド(殺す)』と名付けました。高等植物が傷つくと、傷口を菌や細菌などから守るために、周囲の生物を殺す物質(フィトンチッド)を出すことに由来しています。

フィトンチッドは、植物にたえず進入しようとする有害な微生物(菌や細菌)や、有害な昆虫から身を守るために植物自身がつくりあげてきたと言われています。

香りを発することで、害虫から身を守るのですね。

そして、この香りは、人間には心地よくて、リラックスさせてくれます。

 

今、私はヒノキに取りつかれていますが・・・(^^ゞ、

ヒノキ(それも、木曽(東濃)ヒノキ)から抽出したエッセンシャルオイルで、ヒノキの香りを楽しみながら一日を過ごしております。

 

ティッシュに一滴たらして、香りを楽しみ、お風呂に一滴たらして、アロマバスで疲れをとり、ゴミ箱の消臭にも、一滴。というふうに、ヒノキの香りを楽しんでおります。

このオイルは、中津川市の加子母森林組合で販売しています。

1個800円です。毎日一滴づつ使っても、3ヶ月くらいはもちそうです。

ひのき葉オイル

加子母のひのき葉オイル

 

嵯峨乃やバナー180×88

岐阜県多治見市にあるオシャレなケーキ屋さんパーム・ド・フォレストで、音楽会がありました。

パームドフォレスト看板.JPG

ライトアップ庭.JPG 店内キャンドル.JPG 店内食器棚.JPG

森の中のケーキ屋さん、とっても雰囲気がいいのです

 

音楽会は、チェンバロという、初めて聞く楽器での演奏です。

チェンバロ.JPG

チェンバロって、こんな楽器です。オルガンやピアノのようで、鍵盤があります。が、音の出し方が、独特で、ギターやハープなどのように、弦をはじいて音を出します。

その音は、とてもいい音色で、「ビョオン ビョオン~♪」(と、私には聞こえるのですが・・・)、幻想的で、心地いい音色です。ヨーロッパの民族楽器という感じです。

渡辺さんチェンバロ演奏.JPG

加子母にお住まいのharuこと、渡辺敏晴さんが、チェンバロの演奏を、おしゃべりとともに、約2時間していただきました。

渡辺さんの活動はアトリエ玉手箱でご紹介されています。

店内雰囲気.JPG

音楽は、さっぱりの私ですが、初めての体験と、渡辺さんの演奏の素晴らしさと、会場の雰囲気、ご参加された方々の上品な雰囲気で、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

嵯峨乃やバナー180×88

去年の忘年会にも、行ったのですが、恵那市の「水半茶寮」で、お客様とランチをしました。

玄関には、お雛様が、飾られていて、春を感じました。

水半玄関

 

お弁当ランチになっていて、こんな感じに出てきます。

水半お弁当箱のランチ

水半お弁当のランチ開けてみました

ワクワクして、ふたを開けると、おいしそうなお料理です。

ちなみに、価格は、1,000円。とっても、リーズナブルですよね。おいしかったです。(ご利用は、要予約です。)

 

そして、とっても楽しくお話させていただきました。

水半で、多々良先生  竜吟サービスの田中様

お二人とも、たいへんお世話になっているお客様で、左は、この日記にもたくさんご登場いただいている、恵雅文化教室の多々良先生、着物姿で、素敵に来ていただきました。そして、右は、瑞浪市釜戸町の竜吟サービス(コスモ石油のガソリンスタンド)を経営されている田中様です。

次回の約束までしてしまい、ランチ仲間になりそうです。\(^o^)/

 

嵯峨乃やバナー180×88

1月19日に静岡に行きました。今までの記憶の中では、初訪問の地でした。

実は、村田ボーリング技研株式会社様が実施されました講演会を聞きに、静岡に行ったのです。

講演会は、福島正伸先生(アントレプレナーセンター代表取締役社長)という方でした。

とても、楽しくて、面白くて、感動し、そして、元気になりました。

私の感じた言葉で言うと、この講演の主題は、『幸せを周りの方々と一緒に実現しよう』というものでした。(すみません、そう感じたものですから・・・(^^ゞ)

講演会の始まりから、「大好き~」とみんなで、叫びます。

この言葉は、「私は、あなたのことを認めていますよ、どんなことがあっても、あなたと仲良くなりたい」との表現だそうです。面白いです。

こういう人間関係を大切にしながら、自分自身を高めていくお話を、約3時間してくださいました。

うまく表現はできませんが、自分自身は、とっても元気になって、これから負けないで、がんばっていこうと思いました。

 

講演会は、さておき、この日は、富士山が素晴らしくきれいに見えた日でした。

冬型の気圧配置で、風が冷たく、気温は低かったのですが、太平洋側は晴れて、雲ひとつない天気でした。

高速道路を走っていると、目の前に富士山が見えてきて、静岡に着く前から、ウキウキ状態でした。そして、会場の静岡グランシップから見える富士山は最高で、思わずカメラに収めました。

どうも、私は、こっちの方が、印象に残ってしまったようで・・・(^^ゞ

その写真を掲載します。(^^)

グランシップと富士山

手前が、建物が船の形になっているグランシップと富士山です

講演会が終わって、撮った写真です。夕日で、富士山が、ピンク色に染まってました。

友人から、「何色~?」と、問われたのですが、笑って、その時は、答えられなかったのですが、今見直すと、このピンクは、『鴇色』(ときいろ)でしょうか。(^^)。コードは、#f4b3c2です。(*^。^*)

 

嵯峨乃やバナー180×88

今、サークルKで、中津川しょうゆかつ丼を期間限定で売っています。

とっても、気になっておりました。

昨日終日、走り回っていたので、久々にコンビニ弁当になってしまいました。と、なると食べずにはいられません。

サークルKを探し、といっても、東海地方は、サークルKの店舗が多いので、簡単に見つけ、念願の『中津川しょうゆかつ丼』をゲット、おいしく食べさせていただきました。

中津川しょうゆかつ丼とは、そばつゆに野菜を加えトロミを付けた「特製しょうゆだれ」を、かつ丼にかけて、さっぱり、ヘルシーに食べるかつ丼です。(^^)

中津川の五万石さんで、始められたメニューです。

そして、この企画は、東海地方のFMラジオ局とサークルKのコラボ企画で、東海三県の各県の代表食が発売されています。

ちなみに、愛知県が、「赤味噌ボロネーゼきしめん」、三重県は、「からあげ丼」です。

 

では、さっそく「しょうゆかつ丼」をいただきます。

ワンコインで買えて、リーズナブルですね~\(^o^)/

中津川しょうゆかつ丼

ちなみに、お箸は私の「MY箸」です

 

中津川しょうゆかつ丼2

とってもおいしそう、「いただきま~す」

 

たいへんおいしかったです。京都出身の私は、さっぱり系が大好きです。\(^o^)/

東海地方で、1月28日まで、サークルK各店舗で、販売されているそうです。

 

嵯峨乃やバナー180×88

毎年、年が開けますと、すぐにやってくるのが成人式ですね。

まもなくです。そこで、思うところを書いてみます。

まず、調べてみました。

『冠婚葬祭(かんこんそうさい)とは、人が生まれてから亡くなり、その後に行われるものまで含めた家族的催し物全般を指す言葉である。』

そして、『冠(かん)とは、成人式を指す。かつては15歳の元服に由来し、冠を頂く(社会的な役職や参政権を得る)の意味を持つ。今日の日本では選挙権の獲得という意味があるが、ともすれば飲酒や喫煙の法的制限がなくなる事くらいにしか認識されていないケースもあるものの、明治時代や大正時代までの封建主義旺盛な時代には長子の元服ともいうと、その家の社会的地位によっては親類縁者から祝いの品がやり取りもされたという。今日でも親類・縁者などの成人式ともなるとお祝いの品などを送る事から、一般の家庭では出費を意味しているが、今日では一般にて余り高価なものをやり取りしないため、言葉だけが残っている部分がある。』

(Wikipediaより)

昔は、15歳だったのですね。今は、というより、現在の日本では、20歳、という方が正しいのかもしれませんが、成人になるということは、社会的に認められるという、意味合いが強いですね。

私も、通ってきた道ですが、年齢が来ると、誰でもが祝える行事ですね。

年齢になると誰でもが、この成人を迎えることができます。そして、社会的に認められるのですね。

つまり、成人式は、社会人のスタートされる立派な方々の認証式でもあるのかもしれませんね。

今年迎えられる成人の方々へ謹んで、感謝とエールを送りたいと思います。

2012恵那市の成人式にて

2012年恵那市の成人式会場にて撮影しました

 

嵯峨乃やバナー180×88

なかなか、一年の間でも、みんなが集まることがありませんが、1月2日に、一族が集まりました~。

それぞれですが、集まると楽しいもので、にぎやかな食卓でした。(^^)

子供たちは、お年玉をいっぱいもらってました。

2013年正月

 

嵯峨乃やバナー180×88

昨年は、皆様にはたいへんにお世話になりました。

今年・2013年もどうぞよろしくお願いいたします。

「嵯峨乃や」は、日頃から、着物を通じて、エレガントで、美しい、素敵な生活を送っていただくために、お役に立ちたいと思っています。

お困りのことがあれば、お気軽にお声をかけてください。

今年こそは、ますますお客様のご要望に徹底したお応えができるように、日々、研鑽、研究を積み重ね、わかりやすい発信をしてまいります。

今後とも、ご愛顧を宜しくお願いいたします。

2013正月玄関の花

写真は、お正月にお客様をお迎えする玄関のお花です

 

 

嵯峨乃やバナー180×88

「年取り」を調べてみると、『大晦日(おおみそか)の夜に行う年越しの行事。』とありました。

私の実家では、商売をしていたので、大晦日は、夜の10時ころまでお客さんがいらっしゃって、そのあと、家族で店の大掃除をして、年が変わる頃に、ようやくゆっくりできるというような環境で育ちましたので、年末の家族団らんという記憶がありません。

そのあとの、転々とした流浪生活(笑)では、大晦日に「年取り」という行事がありませんでした。

それが、ここ数年の生活の中で、大晦日はこんなこんなことをするのだ、と、改めて知った次第でありまして・・・(^^ゞ

今夜は、みんなバラバラなので、昼に、集まれるものだけが集まり、ごちそうを食べて、『年取り』を行いました。

2012年末年取り

今年一年たいへんにお世話になりました。

明日から(来年)も、どうぞよろしくお願いいたします。皆様方の、ご健康とますますのご発展をお祈りいたします。また、末長いご愛顧を宜しくお願いいたします。

 

嵯峨乃やバナー180×88

今日、うちの家族があわてて、年賀状をプリントして、出しました。(^^)

12月25日までの投函だったら、1月1日に間に合います、と、日本郵政が言っていますが、1日遅れると、どうなんでしょう・・・(^^ゞ

 

「嵯峨乃や」では、お世話になった方々への感謝と、末長いご愛顧を願って、ご住所がわかっている方へ、年賀状を送っております。

もう投函をすませましたので、恐らく元日には届くと思います。

年々、出す数が増えているのは、お客様やお世話になった方々が増えているということなのだなぁと、改めて、感動し、感謝申し上げる次第です。

 

月並みであり、単なる形式のご挨拶かもしれませんが、年賀状が届きましたお客様には、笑っていただきたく思います。このような、年賀状が届きます。

嵯峨乃やの2013年賀状

こんなふうに写真を載せていると、年賀状を画像にして、この「嵯峨乃やの日記」に書くだけで、皆さんにご挨拶できるじゃないか、なんて思ってしまいました。・・・(^^ゞ

 

嵯峨乃やバナー180×88

今年の春から勉強会に参加させていただいているアイ・リンク・コンサルタント『三遠友の会』で、蒲郡に行きました。

蒲郡は、とても有名ですが、私にとっては、通り過ぎていくところだったのです。が、今回初めて、蒲郡に降り立ちました。

駅を降りると、ヨットが展示してあります。

蒲郡駅前ヨット

夜のイルミネーションがきれいだったので・・・(^^)

帰って調べると、なんと、ヨットレースで有名なアメリカズカップに参戦するジャパンチャレンジチームのベースキャンプ地が、この蒲郡だそうです。

すごい!!そんなところだったんだ。と、感動しました。

これから、いろんなご縁で、蒲郡にも伺うことになりますので、よく調べて、伺いましょう。

これは、ほんのご挨拶ということで・・・(^^ゞ

 

嵯峨乃やバナー180×88

My箸

| コメント(6) | トラックバック(0)

最近、「My箸」を持つようになったので、ちょっとご紹介をいたします。(^^)

実は、約4年前、『エコ箸』と称して、半年ほど使っていました。その時、いろんなお箸を買って、コレクションになっていました。と、同時に、使う方は、さっぱり。というのも、食事をするときに、忘れてしまって、つい、お店の割りばしを使ってしまうのです。

意識しているときは、持っていけるのですが、つい忘れ、いつしか、「My箸」は、引き出しの奥に・・・(^^ゞ

 

引き出しの掃除と一緒に、最近、知人との会話の中で、「My箸」の話しが、浮上。

もう一度、「My箸」を持ってみようかな・・・と。

エコだとか、環境を守るとか、そんな大それたことを考えているのではなく、スマートで、うちにいる感覚で、食事をしようと、肩を張らず、自然体で・・・。

忘れたときは、お店のお箸を使わせていただいて・・・。 なんてぐらいの、軽い感覚です。(^^ゞ

「かっこいいね~」なんて言われると、話しのネタになったりなんかして、楽しい食事ができたりします。どこまで、食事の際に忘れることなく、持って行くことができるか、これが一番の問題です。(^^)

 

エコ箸(My箸)

「嵯峨乃や」のMy箸 (長さ21cm、折りたたむと12cmになります)

 

エレガントな着物ライフをご提案します      嵯峨乃や

急激な気候の変化のため、大慌てで、冬タイヤに交換をいたしました。

タイヤ交換1

妹の車も含めて、3台分のタイヤの交換でした。

ウメが、応援に駆けつけてくれました。(=^・・^=)

タイヤ交換3

タイヤの上に乗って、応援してくれているのか、邪魔してるのか・・・(^^ゞ

タイヤ交換2

ウメは、実はタイヤを入れている袋で遊びたいだけでした。散々遊んでいきました。

今年の冬も、スタッドレスタイヤで、快適な運転ができるシーズンが始まりました。

くれぐれも、スピードは出さず、安全運転で冬を過ごしましょう。(^^)

 

エレガントな着物ライフのご提案をします     嵯峨乃や

気温が下がってきて、雪がちらちら舞って来たので、冬タイヤに替えなきゃ、と思いましたが、工具が合わなかったり、ジャッキが見当たらなかったりで、今日は断念。

庭の写真をちょっと撮ってみました。

暦の上では、とうに冬になっているので、今の時期は、初冬なのでしょうが、庭の風景は、晩秋といったところでしょうか。

そう思うと、冬が冬らしくなくて、最近は、暖かい冬が続いていますね。

2012.12.7晩秋1  2012.12.7晩秋2

年をとってくると、体にきますので、暖かいほうが断然いいです。

そんなことを考えていたりしたら、義母が、「白菜がたくさんとれた」と、喜んでいました。

これも、異常な気温の仕業でしょうか・・・(^^ゞ

畑は、家庭菜園程度ですので、基本的に売るほどは作っていないのですが、一家族で食べるのには、しかし、多いですね~。

これから、毎晩鍋になりそうです。(^^)

2012.12.7白菜が豊作

たくさんの方に差し上げることはできませんが、ご希望の方は、差し上げますよ。(^^)

味は、保障しませんが、新鮮です。\(^o^)/

 

エレガントな着物ライフをご提案します       嵯峨乃や

日一日と寒くなり、季節は冬に向かってます。

紅葉も美しい色とりどりを見せてくれていますね。

近所に、四季桜(しきざくら)が咲いていましたので、ご紹介させていただきます。紅葉の時期に桜っていいですね。

四季桜とは、「バラ目バラ科サクラ属植物の園芸品種。狂い咲きでない状態で、年に二度開花する。エドヒガンマメザクラの交雑種と考えられている。」(wikipediaより)と、ありました。

愛知県豊田市小原の四季桜が有名ですが、近くということもあり、同じ品種が、うちの近所にあるんですね。

春と秋の二回桜が咲きます。見ていると、秋の方が長く咲いているような気がします。(^^)

 

2012.11.四季桜

恵那市武並町うちの近所の四季桜

 

エレガントな着物ライフをご提案します。      嵯峨乃や

この時期、彼岸花がとても美しく咲いていますね。

 

心に余裕がないと、道端に咲いている花に目がいかなくなってしまいます。

勤めをしていた二十数年間、そんな日々が続いていました。

 

それが、この事業を始めてから、一転しました。

心に余裕ができたというか、目に見える様々なことに興味を持つようになり、ちょっとした風景に感動をすることができるようになってきました。

 

特に、facebookを始めてからは、投稿するために、写真を撮ったり、調べたり、目に見えるものが投稿情報のための素材になってきました。

 

カメラもその一つで、「趣味です。」といえるまでになっています。いいのか、悪いのか、何とも言えませんが・・・

 

自分自身、人間的な幅が広がっていればいいなあ。

 

ただ、評価は、他人ですので、自分で決めることはありません。(^^)

彼岸花650

道端の彼岸花

 

エレガントな着物ライフをご提案します      嵯峨乃や

着物は、日本の伝統です。また、そこに描かれているもの、染めてある色彩は、まさに、日本の伝統そのものだと思います。

 

そこで、日本の伝統色を知ろうと、勉強を始めました。

 

たいへんお世話になっている伯爵様のご指南もあり、facebookの私(大森将人のタイムラインに毎日、投稿しております。

 

色の名称と、意味解説、そして、色番、RBG(色の分解)を載せています。

2012.9.28 小豆色

着物の染色にも使われる日本の伝統色

 

こんな感じに、画像にして投稿しています。

 

この投稿では、着物というより、和菓子、それもあんこの方面に、話題が移ってしまいました。

 

おいしそうな色です。(^^)

思わず、買ってしまいました。(^^ゞ250

そして、その日の営業訪問中、コンビニに寄ったら、こんなものがあり、思わず買ってしまいました。

 

私、結構甘党なんです。(^^ゞ

 

 

おいしかったのですが、地域にたくさんの和菓子屋さんがあるのにもかかわらず、コンビニの大福を食べてしまったことに、ちょっと、自己嫌悪感を覚えてしまいました。

これからは、お世話になっている地域の和菓子屋さんの大福にしようっと・・・(^^)

 

 

エレガントな着物ライフをご提案します        嵯峨乃や

浮世絵

浮世絵を見ていて、思ったことを少々。

 

特に浮世絵が好きだということはないのですが、着物の勉強のために少し嗜んでおりました。

 

こういう絵は、江戸時代に描かれたものが多いのでしょうか。

江戸時代の女性は、細い方が多かったのでしょうね。

とても、スラリとして、顔なども、眉毛ほっそり、目も切れ長で・・・

測ってみたら、8等身でした。(^^)

 

とそんなことを考えておりました・・・(^^)

 

美人画というと、当時のあこがれの女性像を描いているということですから、江戸時代に求めていた女性像が、わかるわけです。

 

江戸時代は、「ホッソリ・スッキリ・スラリ」がキーワードのような気がしました。

 

現代の女性もまさにこの通りですね。そして、このキーワードは、現代の着物に、しっかりと受け継がれていますね。

 

ホッソり見せるために、縦じまの生地であったり、スラりと見せるために、柄が下のほうに描かれていたり、スッキり着るために、衽(おくみ)という布を取り付けたり・・・

 

歴史や文化にちょっと接してみて、楽しい思索となりました。(^^)


ロンドンオリンピックで、体操男子が大活躍していることがとてもうれしくて、日記は、これを・・・。

 

私は、中学・高校と体操部でした。

まったくへたくそで、うだつは上がりませんでしたが、体操をやっていたということで、体操については、興味があります。

 

団体は、中国に敗れたものの、内村航平選手の個人総合優勝は、みごとで、素晴らしいと思いました。

 

私が、やっていたころのルールは、規定演技と自由演技の総合点の争いでしたが、現在のルールは、自由演技だけで、それも、予選の演技の順位が元になって、決勝の演技だけで、総合や、種目別の順位が決まります。

また、団体の決勝は、5人のうちの3人しか演技ができず、その総合点で争います。

 

これは、総合的なオールラウンダーと種目スペシャリストを明確にできるルールなのですね。

 

つまり、昔のルールでは、オールラウンダーの戦いで、種目別なども、すべての種目をこなせる人しか、大会に出場することができず、個人総合をとった人が何種目も種目別を制するということになります。

 

ところが、中国は、個人総合に焦点をあてず、団体と種目別に焦点をあてて、オリンピックに臨んだのでしょうか。

これも戦略ですので、ありは、ありです。

 

中国の戦略はさておき、ここは「体操ニッポン」を・・・。

 

「美しい体操」をニッポンは見せてくれました。伝統だと思います。

 

演技中のつま先の伸ばし、肘や膝の伸び、足がピッタリとくっついている、倒立の姿勢、着地姿勢や、きちんと着地をすることなど、基本的な美しく見せる体操をしてくれたと思います。

 

難度の高い技を積み重ねることで、点数を稼ぐという戦術もありますが、内村航平選手は、それを「美しい体操」の証明で演技をしてくれました。

鉄棒では、難度の高い技(コバチ)を、一つはずし、確実な演技をしました。

結果、鉄棒での、個人総合のときの点は、全体の2位でした。

まったく、「美しい体操」でした。

 

美しいことは、共感が持てます。

自分の人生も、これに習って、美しく生きたいと思った次第です。

規則正しい生活、人にやさしい人格、他人を思いやれること、などなど、目指したいものへ確実に歩んでいきたいものだと感じました。

内村航平選手

昨日、梅雨明け宣言が行われました。

 

一気に日差しが強くなって、ぐんぐん気温が上昇して、初夏というよりも、場面がコロっと真夏になったという感じがします。

 

熱中症になる危険がありますので、水分の補給や栄養補給、体力の維持など、熱中症対策を万全にして、夏を乗り切っていただきたいと思います。

 

ところで、梅雨が明けると、着物は、「虫干し」(むしぼし)の時期になります。

 

人間の体に対して、熱中症対策があるように、着物には、防カビや防虫対策が必要です。

 

防カビ、防虫対策の第一は、なんと言っても、虫干しです。

 

タンスを開けるところからスタートしましょう。

新たな発見があるかもしれません。

 

少し、日記に連載していきます。(^^)

帯の手先2

美しい着物を着ていただくために、虫干しをお勧めします

梅雨本番

 

梅雨入りすると、急に曇り空となり、いつ雨が降ってもおかしくない天気が続き、湿気が多く、ジメジメ感が漂いますね〜。

 

そうです。確実に、湿度は高くなっています。

 

この時期は除湿です。

 

友人のブログを読んでいました。

山梨県甲府市 吉野聡建築設計室」さんのブログです。読むと、タンスや押入れなど、部分を除湿しただけでは、カビの発生などに効果がないなあ、と思いました。(^^ゞ

 

おうち全体を効果のある調湿素材にしてしまわなければ・・・と思ってしまいました。

 

余裕のある方は、是非、おうちを作り替えていただければ、と思います。その時は、是非、山梨県甲府市 吉野聡建築設計室さんにご相談くださいね。(^^)

 

梅雨本番だと間に合いませんね。作り替えは、今後の課題にしていただいて、目の前の除湿を考えてみることにしました。

 

それは、強制的に除湿をするというものです。

 

タンスの中には、除湿剤や調湿剤を入れておくのはもちろんのことですが、湿度の高い日は、部屋全体にエアコンのドライをかけて、強制的に除湿をしてしまうのです。

 

空気や全体が、湿気ているので、タンスを開けて、通気しただけでは、効果はありません。ですから、部屋全体の除湿です。

 

カビは、湿度60%で、活動を開始します。湿度を下げることにより、カビは防げます。

恵那市の市民講座を受講しています。

写真講座です。第二回目として、6月10日に、恵那峡で行われました。(^^)

 

先生からは、時期が良くない(花がふんだんに咲いているわけでもなく、山々の色具合もそれほどでもなく、天候も梅雨時期なので・・・)けれども、これをどう撮るかです。と、最初に言われました。

 

ほんとに何を撮ったらいいのでしょうか、状態でした。(^^ゞ

 

恵那峡カメラは持っているけれども、よくわかっていない生徒ばかりですので、カメラの質問から、撮影が始まった、という感じです。

 

私にとっては、ホワイトバランス(色温度)のことが、少し理解できたことは、収穫でした。

恵那峡全景

恵那峡は、こんなところです。

右手に笠置山(かさぎやま)、左に見えるのは、大井ダム。発電しています。

真ん中に見えるのは、流れが緩やかなのでしょう、岸が突き出ています。

 

恵那峡遊覧船.JPG

遊覧船を撮影してみましょう、というので、何枚か、撮りましたが、あまりに面白くない。(これでも、選りました。(^^ゞ)

 

恵那峡ワンダーランドと、遊覧船。

恵那峡ワンダーランド


恵那高校ボート部

恵那高校のボート部が、練習を終えて片付けをしていました。もう少し早かったら、練習風景が撮れたかも。

ささゆり恵那峡にて

ササユリが咲いてました。

きれいなピンク色をしていて、素敵でした。

私のカメラとレンズでは、これくらいの近さでないと、いい写真が撮れないかも、です。(^^ゞ

この写真が、自分にとっては、ベストショットでした。

 

これだったら、なにも、恵那峡でなくても・・・ねえ。(^^)

 

来月の第三回目は、これらの品評会です。\(^o^)/

 

雨に降られず、よかったです。梅雨の合間の、ちょっと楽しめたひとときでした。

除菌ウエットティシュ

梅雨の時期は、細菌の発生・生育が激しくなりますね。

 

食中毒には、十分にご注意いただきたいことです。

 

私の頭の中は、タンスのカビ菌のことですので、カビ菌を増やさないようにしていただきたいと願っております。(^^ゞ

 

ところで、細菌は、人間の手を介して広がっていくことが多いらしいのです。

 

うちには、除菌ウェットティシュがあります。

この会社の回し者ではありませんが、除菌ができるのならと、いつも手の届くところに置いてあり、手の除菌をしています。

 

つい、なんでもかんでもこのウエットティシュで拭いてしまうのですが・・・。過信は、禁物です。

 

手の細菌を、流水で洗い流す方が、はるかに効果的だそうです。

 

外出から戻ったときに手洗い、食事をする前に手洗い、着物や衣類を触る前に手洗い・・・

 

などと、感染を防ぐために、手は清潔であることが大切ですね。(^^)

梅雨入り

東海地方も、例年並みの日程で、梅雨入りいたしました。

 

ジメジメ、ムシムシ、ですね。

洗濯物は乾かないし、ジメジメ大好きな虫は出るし、カビの活動が心配だし、いざ、外に出ると、濡れて、気持ち悪いし・・・。

 

すみません、たいへん愚痴っぽくて・・・(^^ゞ。

あの童謡を、つい、口ずさんでしまいました。(^^)

 

「あめふり」 北原白秋作詞・中山晋平作曲 

 

あめあめ ふれふれ かあさんが

じゃのめで おむかい うれしいな

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

 

かけましょ かばんを かあさんの

あとから ゆこゆこ かねがなる

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

 

あらあら あのこは ずぶぬれだ

やなぎの ねかたで ないている

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

 

かあさん ぼくのを かしましょか

きみきみ このかさ さしたまえ

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

 

ぼくなら いいんだ かあさんの

おおきな じゃのめに はいってく

ピッチピッチ チャップチャップ

ランランラン

 

子供の頃は、雨を楽しんだなぁ〜と、歳をとってくると、つい、自分を守ってしまい、どうも活動的になれません。

 

京都 三千院

 

しかしここは、この梅雨を最大に受けとめて、楽しむことにいたしましょう。

(^^)

爽やかな5月の風が、行動的にさせてくれている季節になっています。

あの寒かった冬は、どこへやら・・・

そして、これから暑い夏を迎えることになります。(^^ゞ

 

と、その前に。ジメジメの梅雨を乗り切らなくてはなりません。

日本の気候で、これは避けられない季節ですので、受け入れることにいたしましょう。

 

では、梅雨の時期に何が心配になるのかを考えてみます。

 

私は、「たいせつな着物を美しく着ていただきたい」と常に考えております。ので、思考は、タンスの中に移ってしまいます。(^^)

 

私は、カビの発生を心配しております。

 

カビ胞子カビは、写真のような胞子(種)をそこらじゅうにまき散らして、子孫を残していこうとします。

 

空気中にたくさんまき散らしますので、風に乗り、衣服や肌にくっついていきます。

 

そして、落ち着いたところで、活動が始まります。

 

カビの発育要因は、酸素、温度、湿度、養分の四つの条件があって、活発になります。

 

カビは、湿度が60%を超えると、活発になると言われています。激しい活動は、80%以上です。

 

ちなみに、温度は、15℃〜30℃で、活発になり、36℃を超えると活動は、止まるそうです。

また、タンパク質、炭水化物、アミノ酸、脂肪、無機塩類等を栄養素としています。

 

これらを検討すると、

①酸素は仕方ないとして、

②温度を15℃以下に、

③湿度を60%以下にして、

④栄養となるものを取り除けば、

カビの発生は、抑えられる可能性があります。

 

カビシミ1 カビシミ2 カビシミ3

何度も、掲載させていただいていますが、たいせつな着物にカビがはえると、とても残念です。

 

そこで、梅雨対策は、

 

①タンスを開けて、着物を点検することから始めてください。

これは、この時期に風を通すことで、湿った空気を入れ変えます。

 

②そして、栄養素となるものを除去します。丸洗いすることで、着物に付いたカビの原因となるものを洗い流します。

 

③タンスに、調湿剤や除湿剤を入れます。湿度を60%以下に保つようにします。

 

梅雨に突入する前、爽やかなこの時期の、天気のいい日に、梅雨対策をして、夏を迎えてくださるといいなぁと思います。

京都の祇園で、自動車による大惨事が起こりました。とても、遺憾で、巻き込まれた方々のご冥福をお祈りいたします。

 

そのニュースを見ながら、思い出したことがありました。

京都は、道路が、碁盤の目になっていて、道路にたくさんの名前が付いています。

本当に知らない方は、どこにいるのかもわからなくなってしまいます。

 

そこで、道路を覚えるために、京都には、「わらべうた」があります。

幼い頃から、聞いていたので、忘れないで今もしっかりおぼえています。

 

「まるたけえびすに、おしおいけ、あねさんろっかく、たこにしき、しあやぶったか、まつまんごじょう。」

 

といいますが、節がわからないと、伝わりにくいですね。(^^ゞ

 

京都の通り

解説をすると。京都市内のすべての道ではなく、ちょうど中心部あたりの、東西に通る、道路の歌です。

 

そして、丸太町通(まるたまちどおり)から五条通(ごじょうどおり)の間の道路の歌です。

もちろん、丸太町通の北にも、東西に通る道路はありますし、五条通より南にも、道路は、十条通を越えて、あります。

 

なぜ、この間の道の歌が「わらべうた」になったのか、わかりません。

 

それでは、具体的に・・・

 

まる・・・  丸太町通(まるたまちどおり)

たけ・・・  竹屋町通(たけやまちどおり)

えびす・・・ 夷川通(えびすがわどおり)

に・・・   二条通(にじょうどおり)

おし・・・  押小路通(おしこうじどおり)

おいけ・・・ 御池通(おいけどおり)

あね・・・  姉小路通(あねやこうじどおり)

さん・・・  三条通(さんじょうどおり)

ろっかく・・・六角通(ろっかくどおり)

たこ・・・  蛸薬師通(たこやくしどおり)

にしき・・・ 錦小路通(にしきこうじどおり)

し・・・   四条通(しじょうどおり)

あや・・・  綾小路通(あやのこうじどおり)

ぶっ・・・  仏光寺通(ぶっこうじどおり)

たか・・・  高辻通(たかつじどおり)

まつ・・・  松原通(まつばらどおり)

まん・・・  万寿寺通(まんじゅじどおり)

ごじょう・・・五条通(ごじょうどおり)

 

となります。

 

節をつけると、覚えやすいかもしれません。

この日記で、節を伝える術を知らずに、すみません。

ただ、京都に行かれる時に、ちょっと覚えておくと便利かもしれませんね〜(^^)

 

追記。

Facebookのお友達から、YouTube で聞けることを教えていただきました。ので、リンク貼ります。

お料理とともに、楽しませてくれたアイテムを紹介します。

アペタイザー

アペタイザー

サービスの方に、ミッキーが隠されてるんですよと言われ、お皿をみんなが見て、おぉ~と歓声があがる。(^^)

隠れミッキー1     隠れミッキー2

そう、隠しミッキーは、ティアラやイヤリングにも・・・

 

魚料理

魚料理

真鯛と帆立の湯葉巻き トマトとケッパーのバターソース

 

アルコールが程良く回ってきて、いい気分で撮っています。(^^ゞ

 

肉料理

肉料理

ビーフテンダーロインとリ・ド・ヴォのクレピーヌ包み マッシュルームの香り バイオレットマスタードソース

です。

 

この辺りになるとずいぶん回ってきていていて・・・(^^ゞ

 

デザート

デザート

ラズベリー風味のチョコレートムースとパイナップルのアイスクリーム

 

ここにも、ミッキーが・・・

 

ただ、ここまで来ると、撮影者が酔っ払っておりまして・・・

ひどい写真をすみません。

見送り

ここまで、楽しませてもらったのは、2人のおかげです。ありがとう。

必ず幸せになると信じています。

一輝、沙弥香、結婚おめでとう!!

 

個人的な日記に付き合っていただいて、ありがとうございます。どうも、すみませんでした。<m(__)m>


沙弥香ちゃん

教会入り口でワンショット

楽しい写真撮影の後は、いよいよ、お楽しみの食事会です。

ケーキの前で  ウエディングケーキ  ケーキの前のミッキーミニー

ナフキン1 ナフキン2 テーブル装花

2人を待つ間は、ディズニーづくしで、楽しませてもらい、アルコールも少々入って、気分良くなってきました。

2人の入場

2人の登場です

キャンドルサービス  ケーキ入刀

メイン席にて

いろんな演出をした後、席に着き、宴席が始まりました。

ディズニーウェディング4へ続きます。

結婚式の後に、セレモニーが行われました。

 

このセレモニーが、盛り上がりました\(^o^)/。

 

チャペルの外に出ます。

                                  夜の桜   ガゼボに立つ2人

 

夜桜です。2人は、外のガゼボへ。

 

と、そこへ、ミッキーとミニーが・・・

 

ミッキーミニー

 

 

                                    ミニー署名

                                    ミッキー署名

署名をしてくれました。

                                    ディズニーウエディング

ミッキー・ミニーと記念撮影

ミッキーミニー1  ミッキーミニー2  ミッキーミニー3

ミッキーミニー4  ミッキーミニー5  ミッキーミニー6

あとは、ミッキーとミニーが帰るまで、大騒ぎで、楽しいセレモニーとなりました。

結婚証書

サインはこうなりました

食事会は、ディズニーウェディング3へ続く。

ミッキーマウス

平成24年3月24日に、結婚式を、ディズニーアンバサダーホテルで、行いました。

 

記録のために、この日記を使わせていただきます。

たいへん個人的な日記で、すみません。m(__)m

 

 

         新郎・一輝、新婦・沙弥香の結婚式です

アンバサダーホテル

                ディズニーアンバサダーホテル

アンバサダーホテル中庭

                 とても、リゾートっぽいです

          ディズニー桜 ディズニー菜の花 ディズニー花.JPG

お花もきれいで、桜が咲いており、菜の花と桜の色合わせが、とてもきれいだったです。

 

     新郎新婦入場です!

           一樹入場  沙弥香入場

 

指輪の交換

                     指輪の交換

誓いのキス

                     誓いのキス

結婚証明署名                    仲良く署名

ディズニーウェディング2へ続く。

 

京都法輪寺

「じゅうさんまいり」。

 

子供が、数え年で13歳になったら、元服を迎え、大人になったという意味で、知恵を授かるためにお参りをします。

 

京都の嵐山にある、法輪寺(ほうりんじ)が有名です。

虚空蔵菩薩から知恵を授かるために、4月にお参りをします。

私の出身が、この近くです。ただ、私は、もう何十年も前のことで、行ったのか、行かなかったのか、覚えがありません。

 

着物に関しては、これまでは、子供は、四つ身(身丈の四倍の長さで、身頃を裁断するためにそう呼ばれています)を着ていますが、大人になるということで、本裁ち(普通通りの裁断をした着物)した着物を着られます。

晴れて、大人の仲間入りをすることになるわけです。

 

つまり、身も心も、大人になるので、大人社会で生きていく上での知恵を授かるお参り、ということでしょうか。

京都渡月橋2

十三参りをしたあとは、嵐山の渡月橋を渡って帰るという風習があります。

その間、法輪寺から渡月橋を渡りきるまでは、後ろを振り返ってはならない、と言われています。

なんでも、せっかく授かった知恵が返される、そうです。

お参りする前に、親に言われます。「後ろを見たらあかんで。」と。

それは、とても緊張することです。

これを覚えているということは、私も行ったんだろうなぁ。(^^)

 

私の兄は、後ろを振り返ってしまったそうです。(^^ゞ

でも、ちゃんと立派にやっていますよ。\(^o^)/

 

いつもお世話になっているガソリンスタンド。

待っている間の時間つぶし用に、知恵の輪が置いてあります。

今日は、オイル交換をしなければならなかったので、ちょっと試してみました。(^^)

知恵の輪1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
恐らく、真ん中の爪のような部分を合わせて、外すんだろうな。と思いつつ、ガチャガチャやっていました。
どうも、円錐形になっている足が邪魔になって、外れません。
数分間の格闘のあと…

知恵の輪2

 
 
 
 
見事、取り外せました。\(^o^)/
 
この報告じゃ、とてもつまらないので、なぜ?外せるのか…を考えてみたいと思います。
 
よく見てみると…
 知恵の輪3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8本ある足の1本だけが、少し短くて、角度が違います。右から2本目の下の足です。
この足が、通り抜けできる足なんですね〜。(^^)
うまくなっているもんです。
 
続いて、2つ目へ。
                 知恵の輪4       知恵の輪5

          

 

 

 

前回の要領で、外し口と、多少短い足を探して、あっという間にできました。

 

と、思ったら、オイル交換ができました!

 

いい時間つぶしとなったのですが、車の点検もしていてくださっていて、説明を聞くと、タイミングベルトを変えないといけません、とのことでした。

 

車は10万kmを超えると、タイミングベルトを替えておかなくてはなりません。

過去に、走行中タイミングベルトが切れて、車を押して、危機を避けた経験があった私は、うっかりしていた自分に嫌気がさしました。

もうあの体験はしたくないと思っていたのに、言われるまで、すっかり忘れていたことと、営業用に安い中古車を買ったのに、またの出費に、2つの知恵の輪が外せた快感など、吹っ飛んでしまいました。

 

知恵の輪が外れたので、大事に至る前に、予防ができたんだ。と、思おうと、思おうと、思お〜う!と、必死で、ポジティブにしている自分をなぐさめています。(^^ゞ。

 

先日、1月13日に、長男が建てる家の棟上げがありました。

すみません、誠に個人的な、そして記録をかねて、日記を少々…

 

棟上げ1

建坪は、25坪程度の小さな家なのですが、骨組みだけを見ると、結構大きく、立派に見えます。

 

棟上げ2

クレーンが来て、見上げると、すごい建築だなぁ〜、と思ってしまいます。

 

棟上げ3

屋根の部分で、しばらくの間、大工さんたちが、頑張ってくださいました。一番重要で、クライマックスの部分でしょうか。

 

棟上げ4Facebookで、たいへんお世話になっている、吉野聡建築設計室様が、少し前のブログの投稿で、「継手」をご紹介されていたのですが、身近に見れることができました。ちょっと、感動でした。

 

私は、「衣」の仕事をしていますが、今回は、「住」。人間の営みのなかで重要なところです。

 

一生の中に、そうなんどもあるわけではない今回のイベントに、今後の安穏と、発展を、歴史の1ページを飾る一コマとして、目に焼き付けておきたいと思いました。

誠に、個人的で、すみません。m(_ _)m

 

 

先日、薪ストーブのあるお客様のところでのお話し。

 

その薪ストーブは、よく陽が入る部屋に置いてあったのですが、なんともほっこりして、いいのです。「何やってるの!」と言われながら、写真を撮らせていただきました。

 

決して、薪ストーブの営業をしているわけではありませんが、ちょっと、羨ましく、こんな生活をしてみたいと思ってしまいました。

 

設置には、熱にやられないように、背面や床は、煉瓦やタイルを貼って、もちろん煙突もつけて、と、相当、費用もかかるようですね。(^^ゞ。

また、薪も自分で、準備しなければならないし、そのお客様は、薪割り機を持っておられるようで、その作業もたいへんなようです。

 

たいへんな思いをした結果、こんな素敵な生活ができる。

 

つい、煙突がついているおうちに憧れ、薪のパチパチ燃える音にやすらぎを求め、一足飛びに、羨ましいと思ってしまいますが…。

 

でも、でも、とっても素敵で、一時の間、たいへんにいい思いをさせていただきました。

 

薪ストーブ

 

今日は成人の日ですね。

新成人の方々たいへんにおめでとうございます。

 

私の住まいのある岐阜県恵那市では、一日早く、1月8日に成人式が行われました。

 

天気も良く、文字通り晴れやかな日となりました。

皆さんは、とびきり素敵な笑顔で、会場に集っておられました。

 

私は、若いパワーに圧倒されながら、素敵な笑顔と、晴

れやかな着物をカメラに収めさせていただくことができました。

 

振袖って、いいな。


 

それぞれに、それぞれの表現で、成人の日を祝っておられました。

 

2012成人式

振袖

来週は成人の日ですね。

私たちの時代は、1月15日でしたが、1月の第2月曜日と定められてからは、しっかりとカレンダーを見ておかなければ、うっかりしてしまいます。

 

昨日、お得意先様に訪問したら、大忙しで、準備をされておられました。今年は、早い日程で、成人式をされるのです。ちなみに、私が住んでいる岐阜県恵那市は、1月8日に行われます。それも、市内全域の成人者対象にしてです。

 

当日は、もちろん撮影に行かせていただきます。

邪魔をしないように…(^^ゞ。

写真の掲載は、後日お楽しみに…

 

ところで、成人式というのは、「冠婚葬祭」で、「冠」のことですね。

冠婚葬祭とは、人が生まれてから亡くなり、その後に行われるものまで含めた家族的な催し物の全般を指す言葉です。

 

人生の節目の中で、冠を戴く年齢、昔では元服と言われていました。元服は、15歳ですから、現代より少し早めです。

年齢はさておき、立派な社会人として、認められる式典が、「冠」、つまり、成人式と言えるわけですね。

 

素晴らしい青年の方々の誕生です。

心して、お祝い申し上げたいです。

あけましておめでとうございます。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

 

日本の伝統の「衣」を大切にしたい。着物文化を守っていきたい。

そんな思いで、今年一年皆様との交流をしていきたいと思っています。

 

着物の保管に困ったら、「嵯峨乃や」に声をかけていただける、信頼される自分自身をつくってまいります。

 

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

新年の玄関の花

食器

大変素敵な食器を全国各地に販売されている社長さんと先日お話しさせていただきました。こんな素敵な食器をホテルや結婚式場、レストランに納めていらっしゃいます。社長さんも大変パワフルで、素敵な方です。

 

その時の話。

とある結婚式場は、たいへんな人気式場で、その戦術は何か?ということでした。それは、式場見学に来たカップルをその場で成約させるということです。具体的には、対応している担当者や現場の管理者にある程度の権限を持たせ、値引きに応じるということでした。

その値引きには、様々な企業努力や企業戦略があるんだ、とのことでした。人気式場さんなので、値引きだけで、結婚式をする方が多いということはないでしょうが、その社長曰く、値引きに戦略があるんだと…

 

でも、値引きは、単に値引きであって、戦略も何もないと思うんです。「うちは値引きをします」っていう戦略でしょうか。じゃあ、定価はなんのための価格なのでしょうか。うまくこの価格で売れればラッキーという価格でしょうか。ちょっと考えさせられました。

 

確かに、食器業界は表示している定価の、半値八掛け(60%off)というのが一般的な価格の付け方というくらいですから、その社長さんの言われることも気持ちはわかりますが…

車の業界も、営業の方と所長さんとでは、値引きの額が違うと、決済の力関係があるということも小耳には、はさみましたが…

電器販売業界も値引き当たり前ですよね。

本当に、消費者(私も含め)は、値引きしてくれたら嬉しいです。というのも、事実です。これもわかります。

値引きは否定しません。

 

私がやっているのは、サービス業ですから、お客様が喜んでくださったその対価が、価格になります。

じゃあ、その定価はどう決めたの?と言われれば、リーズナブルで、お客様が喜んでくださるだろうな、適正だろうな、と思う価格を自分で決めました。協定価格も何もありません。

では、値下げはするの?聞かれれば、できません、と答えるしかありません。お客様によって、定価や価格が変わるような、裏切り行為はできません。

 

あくまで、単に価格の値引きだけではなくて、誠実にお客様に喜んでいただくサービスの提供をしたいと思うんです。

 

私の母は、京都に住んでいます。もう、80に手が届くところですが、ピンピンしています。元気に毎日好きなことをして生活していますが、その中で、ずっと続けていて、やっているのは、茶道。表千家流で、一応、師範の免許を持っています。生徒さんも何人もいらっしゃるようです。

 

昔を思い出すのは、母のお相手をさせられ、にがいお茶を飲まされ、、正座をしていなければならなく、こうしろああしろと、そしてうんちくが始まります。それがいやで、茶道を少々バカにしておりました。

 

でも、今、振り返ってみると、扉はコトンと音を立てて閉めるとか、お茶を飲み、最後にズッと音を立てるとか、お茶を出してもらった正面に口をつけないとか、少し教わったことを思い出します。

また、それが、なんとまぁ日本人の振る舞いに適っていること。

 

きちんと習っておけばよかった、と、後悔をしています。

 

今度、時間を作って、習おうかなぁと思っています。

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee