お店紹介の最近のブログ記事

岐阜県恵那市大井町の、中山道大井宿の本陣の近くにあります、「ほどほど」さんという喫茶店を紹介いたします。

築80数年になるご自宅を改装して、オープンされて、約2年になります。

恵那市「ほどほど」の店内.jpg

靴を脱いで、おうちの中に入っていくように、店内に入っていきます。

古いおうちを改造されているので、旧家のたたずまいがあり、それでいて清潔感があり、とっても落ち着く場所です。

「ほどほど」のマスター.jpg

とってもかっこよくて、素敵なマスターがおいしいコーヒーを入れてくださいます。

コーヒーは、こだわりの焙煎のはやしCoffeeの豆を使っています。

林コーヒー.jpg  はやしコーヒー.jpg

このコーヒーがなかなか、おいしんです。

「ほどほど」には、多くの人が集まる.jpg

落ち着いた雰囲気の中に、いつも多くのお客さんが入れ代わり立ち代わり、賑やかに会話を楽しみ、おいしいコーヒーを飲んでいきます。

木のぬくもりを感じます.jpg  心落ち着くお庭があります.jpg

ちなみにマスターは、嵯峨乃やの「GETALS」をご愛用いただいています。\(^o^)/

いつも、ありがとうございます。<m(__)m>

 

嵯峨乃やバナー180×88.JPG HINOKIRIバナー180×53.jpg GETALSバナー180×88.jpg

GETALS(ゲタル)が、身近に展示販売されています。

中央自動車道下り線恵那峡SAに、展示されています。

下り線と言いますと、長野県から名古屋に向かう方向です。

この夏に向けて、恵那峡サービスエリアのレストランや店舗が全面リニューアルされました。そのリニューアルを機に、GETALSの展示販売をしていただいています。

恵那峡SA下り線売り場 450.jpg

この地域の特産品である木曽ねずこを使った健康的な五本指下駄のGETALSを恵那峡サービスエリアで、実物を触ってみることができます。もちろん、サービスエリアで購入もできます。

是非、お寄りください。(^-^)

 

GETALSバナー180×88.jpg

岐阜県瑞浪市の「健康工房」さんをご紹介いたします。

健康になるために、いろんな施術をされていらっしゃいます。その中でも、足裏のマッサージ(足もみ)は、こちらでは、得意とされている施術です。

住所は、岐阜県瑞浪市上野町3-108 です。

閑静な住宅地の中で、のんびりとした時間を過ごして、健康になっていただこうと、とってもいい感じの空間です。

健康工房 建物図.jpg

瑞浪市「健康工房」

健康になるために、さまざまなグッズを販売されていて、特に、下駄を勧められてこられました。

冬でも、裸足で下駄を履きましょうと、提唱されてこられていることに、とても力強さを感じます。

下駄を製造・販売していながら、「冬は、靴下を履きながら、無理しないで履いてほしい。」と、冷え性に効果ありますと言いながら、「冬は、なかなか下駄を履けませんよね。」と、言ってしまう私に、喝を入れられているようです。(^^ゞ

 

「健康工房」さんに、GETALSを置いていただいています。

GETALS ML前から 600.jpg

GETALS

「健康工房」さんは、足もみを中心に、健康になるためのアドバイスを的確に行っていらっしゃいます。\(^o^)/

GETALSを展示販売していただいています。

「京かえら」さん。

場所は、京都市中京区富小路通蛸薬師東入油屋町140番地です。

京都の中心街ですね。

「京かえら」さんは、オリジナルの着物を製作、販売し、素敵な、かえらオリジナル小物を、販売されているお店です。

そんな素敵なお店に、GETALSを展示して、販売してくださることになりました。ありがとうございます。

京かえらにてGETALS展示販売.jpg

実際に手に取って、見れます。

是非、「京かえら」をのぞいてみてください。

 

GETALSバナー180×88.jpg

GETALS(ゲタル)を展示販売してくださっているお店を紹介いたします。

中央高速の中津川インターのそばにあります、「ちこり村」さんです。

ちこり村アクセス.jpg

 

「ちこり村」さんはチコリ(アンディブと言ったほうがわかる人もいるかも)という野菜を栽培して、販売されたり、そのチコリから、お酒をつくったり、もちろん、からだにいいブッフェレストランもある、とってもからだにやさしい、とってもためになる、楽しい施設です。

 

元気な中小企業として、国から表彰されたりして、スタッフの方々は、皆さん明るくて、元気な方たちばかりいらっしゃるところです。

 

 

嵯峨乃やのGETALS(ゲタル)は、その元気施設で、展示販売されています。

ちこり村にて展示販売.jpg

もちろん、試着サンプルもあります。GETALS履き放題です。\(^o^)/

たまに、私も出没いたします。

東濃地方への観光はもちろん、飛騨の下呂への温泉には、通り道でもあります。近くに来られた方は、ぜひ、「ちこり村」にお寄りください。

嵯峨乃やバナー180×88.JPG

HINOKIRIバナー180×53.jpg

GETALSバナー180×88.jpg

岐阜県恵那市の恵那峡にあります、「藤太郎」さんのイベントに、嵯峨乃やは、参加をさせていただきます。

5月21日~25日に行われるのですが、画像のほうがわかりやすいですね。

ということで、ご案内いたします。

藤太郎やすらぎ展.jpg

これが、案内チラシです。

3,000円で、ランチ膳か、ディナー膳が付き、ミニコンサートも行われます。そして、作品の展示や、雑貨などの販売をされます。

嵯峨乃やは、そこで、GETALS(ゲタル)を販売させていただき、HINOKIRI(檜と桐で作ったチェストタンス)を展示させていただきます。

このイベントは、毎年この春の時期に開催して、今年で15回目、16年間続けてご愛顧をいただいているイベントだそうです。そんな、大イベントに出品させていただくには、大変に恐縮で、気が引き締まる思いです。ぜひとも、いらっしゃったお客様に喜んでいただきたく思います。

前売りチケットを販売しています。嵯峨乃やでも、チケット販売をしていますので、お声を掛けてください。(電話やメール、お問い合わせから、何でもOKです。)

 

嵯峨乃やバナー180×88.JPG

HINOKIRIバナー180×53.jpg

GETALSバナー180×88.jpg

履物は、人間の生活に欠かせないものです。

日本の伝統的な文化には、下駄、草履といった、履物がありす。着物を着るにも、やはり、草履や下駄でないと、しっくりきませんね。(^^)

見た目だけでなく、生活の一部として、また、健康的な履物として、見直したい、との思いから、木曽を訪ね、「木曽ねずこ下駄」の話しを聞いてきました。

木曽の日義(ひよし)にある「かみむら」さんです。

創業100年かみむらさん  鼻緒がたくさん

もともと下駄の鼻緒のすげ替えをされておられいた、かみむらさんは、創業100年を超え、今は、履物(靴)の専門的なお店として、地域だけでなく、近くの大都市では、名古屋圏のお客様からも支持を得られています。

「下駄に替って、靴になっても、履物の一人者になる。」という姿勢を感じ、そういう意味では、たいへん勉強になりました。

木曽ねずこ下駄説明

お会いすることはできませんでしたが、鼻緒のすげ替えをされている94歳のおばあちゃんは、ますますお元気だそうです。そして、見た目も美しく、履きやすい木曽ねずこ下駄を普及すべく、尽力を尽くされているとのことです。頭下がります。

 

そして、この体験は、このあとすぐに生かされることになろうかと思います。

近々、この「嵯峨乃やの日記」で、発表しますので、お楽しみに、少しお待ちください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

機織りが始まりました。(^^)

一日で、約120cmの長さを織りあげます。始めは、慣れないから、午前中に30cmできれば、夕方には、織り上がるだろうということでした。

丸一日(9:00~17:00)の体験プログラムです。

機織り機

柄を見ながら、緯糸を自由に選び、世界に2つとないショールを織りあげていきます。

機織り中1  機織り中2

機織り中4  機織り中3

楽しく始まった、機織りも、一時間もすると、受講者の皆様は機織り機に夢中になられます。

お昼のランチは、「野の花工房」の上にある「キッチン風(ふう)」で、楽しいひと時です。

風にてランチ

午前中の反省や、織りあげたい柄や色具合などを語りながらのランチは、思い出に残りますね。

そして、夕方(16:30頃)、織り上がりました~(^^)

受講者様の皆様の素敵な笑顔で、プチファッションショーをいたしました。個性あふれるショールは、思い出の一品ですね。

受講者1 受講者2 受講者3 受講者4

お疲れ様でした。(^^)

 

体験教室のご案内をさせていただきます。

「野の花工房機織り体験教室」

申し込み先 岐阜県恵那市武並町藤480-1

         野の花工房 高水一子

         電話 090-9029-3787

開催日   月曜定休日

時間     9:00~17:00

参加費   お一人 5,500円

 

お気軽にご連絡ください。\(^o^)/

 

嵯峨乃やバナー180×88

野の花工房看板.JPG

岐阜県恵那市武並町にあります『野の花工房』のご紹介をいたします。

「嵯峨乃や」の近くで、機織りをされています。着物で言うと、「紬」(つむぎ)と呼ばれる反物を毎日、情熱を注いで、織っていらっしゃいます。

この「野の花工房」の先生は、高水一子(たかみずいちこ)さんです。

高水一子先生.JPG

とっても、素敵な先生で、大阪出身。私と同じ関西人です。

少し関西弁のイントネーションがある先生の口から出ることは、機織りのこと、ばかりです。

そして、「野の花工房」では、一日機織り体験教室を開いておられます。今回、その教室にお邪魔して、取材をさせていただきました。

愛知県春日井市からいらっしゃったお客様で、その中のお一人が、5年前に一度、この教室にが参加されて、楽しかったので、どうしてもお友達を連れて来たいとの思いで、来られた方々でした。

オリエンテーション 完成品

先生のオリエンテーションでは、お茶を飲みながら、楽しい説明。ご参加の方々のプライベートな話なども短時間で聞き出し、和気あいあいの雰囲気で、これから作るショール完成品をさりげなく見せながら、高水ワールドに引き込まれていきます。先生の奥の深さに感動です。

説明中1.JPG   説明中2.JPG

そして、機織りの説明です。ゆっくり、織り方を説明いただきます。手の動き、足の動き、など。機織りは、全身を使って、行われます。

機織り機を選びます.JPG

さて、いよいよ機織り体験ですが、ここからが面白いところ。4台ある機織り機の特徴と準備している経糸(たていと)の色具合などの説明を聞いて、機織り機を選ぶ争奪じゃんけんが始まりました。

いつもこんな感じで、楽しい雰囲気から始まるのよ~と、高水先生。

緯糸選び.JPG

緯糸(よこいと)を選んで、機織り開始です。(^^)

明日の日記に続きます。

 

嵯峨乃やバナー180×88

今年の初めから、お客様とランチ会と称して、リーズナブルで、おいしいランチを食べに行っています。(^^)

今回、6月23日に行ってきました。

長野県の木曽の開田高原の入り口付近にある、『時香忘』(じこぼう)さんです。

お店の入り口には、「幻の蕎麦」との看板があり、「ZCOBO」英語にすると読めません。(^^ゞ

時香忘看板1  時香忘看板2

時香忘入口 時香忘エントランス

エントランスから入っていくと、お店まで、木材でできた回廊で結ばれていて、木々が植えてあり、森林浴を楽しみながら、お店にたどり着くという感じです。

お客様と時香忘にて

嵯峨乃やのお客様の多々良様と田中様です。ワクワクしながら、お蕎麦を待っています。(^^)

時香忘の蕎麦

おろし蕎麦です。辛み大根が、田舎風ッぽい素朴なお蕎麦の旨味甘みを引き立たせて、とってもおいしいお蕎麦でした~\(^o^)/


  時香忘の蕎麦湯 時香忘の焼き蕎麦がき

左は、蕎麦湯です。蕎麦湯には、ビタミンEが含まれていて、肝臓などにいいと言われていますが、この蕎麦湯は、とっても濃厚で、蕎麦湯の効能を感じてしまうような、おいしい蕎麦湯でした。右は、「焼き蕎麦がき」です。そばの風味がとっても良く、もちもちで、味付けのりを巻いて食べるのですが、絶品でした。(^^)

時香忘」さん、ホームページは現在作成中ですが、yahooで、「時香忘」と検索すると、お客様からのご意見が見れますとのことです。

 

嵯峨乃やバナー180×88

 

またまた、久しぶりのブログが、このシリーズになってしまいましたが、おいしかったので、ご紹介します。(^^)

岐阜県中津川市千旦林にある、サクラメントさんのとりトマ丼です。

この地域としては、今後リニア新幹線(こういう名称でよかったのかどうか?)の岐阜県の駅建設が予定されている「坂本」と呼ばれる地域で、今後の発展が期待されているところです。

おっと、レポートをしなければなりません・・・(^^)

味は、しっかりとしたステーキソース風で、トマトはその素材を活かすように、ざく切りで添えてあり、濃いソース味とトマトのさっぱり感が、鶏肉を引き立たせる、おいしいお味でした。茎ニンニクがなかなかおいしかったのです。

サクラメントのとりトマ丼

とりトマスタンプ7個目

スタンプは、あと一つになりました~。\(^o^)/  最後のスタンプは、どこになるでしょう。(^^)

 

嵯峨乃やバナー180×88

岐阜県多治見市笠原の「布工房 き夢ら」(ぬのこうぼう きむら)さんを訪ねました。

「き夢ら」さんは、ブティックで、ぬくもりの服と題して、日本の昔から伝わる柄、布を今に再現した古布と、手作りの風合いを存分に表現した布を中心に洋服や小物、雑貨を手作り、販売されています。

     木村先生 

オーナーの木村さんです。着物の着付け技能や洋裁の免許を持っておられ、「衣」に対して特別なこだわりを持っておられる素敵な方です。

この特別な思いは、私にもたいへん通じるものがあり、楽しいひと時になりました。

 

き夢ら1  き夢ら2  き夢ら3

店内は、ナチュラルな風合いの洋服が展示されています。

 

     き夢ら 奥山香緒里さん  デザイナーの奥山香緒里さん

洋服のデザインは、木村さんの娘さんであるデザイナーの奥山香緒里さんがされています。

イギリスのミチコ・ロンドンとデザイナー契約をされている有名なデザイナーさんです。

き夢らさんにおいてある洋服は、すべて、奥山さんデザインのオリジナル商品です。

現在、ホームページを作っている最中らしく、以前に作成したホームページしかありませんが、『布工房 き夢ら』さん紹介させていただきました。

 

 

嵯峨乃やバナー180×88

いつもお世話になっている着付け教室の恵雅文化教室様の忘年会に参加させていただきました。

日頃の感謝をこめて、写真撮影をいたしました。(^^)

恵那峡にある水半茶寮にて。

たいへん素敵なところで、着物がたいへんに合います。

着物で忘年会3 着物で忘年会1

着物で忘年会2 着物で忘年会4.JPG

着付け教室の先生、生徒様なので、着こなしや御振舞は、日本の女性美を追求されています。

言葉にならないくらい、素敵です。

着物で忘年会

ありがとうございました。とても楽しいひと時でした。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

エレガントな着物ライフをご提案します    嵯峨乃や

先日、一緒に勉強している『福益工業所』の白井伸幸さんから、段ボールケースが送られてきました。

「段ボール素材が余ったので、箱を作ったので、使ってください。」と・・・。

たいへんうれしく思い、そのご厚意に甘えさせていただきました。白井さんありがとうございます。

 

現在、納品時は、通い箱にしているきれいとはいえない仮の運搬箱で、持って行き、引き渡しする時は、決してその箱を置いてくることはありません。

まれに、そのあと、移動がされる時があるため、その時用にと、箱のまま納品する時があります。その時は、「その運搬が終わったら、すぐに捨ててください。」とお願いしています。

というのは、段ボール箱で、保管されると、この先たいへんに困るからです。段ボールは、手間無く軽くて、扱いやすいですが、長年の保管となると、湿気や害虫の危険が起こってきます。段ボールを置いてきてしまうと、タンスに入れることなく、段ボールに入れたまま保管される可能性があるので、極力段ボール箱は、置いてこないようにしています。

ただ、通い箱にしている見た目も悪い段ボール箱より、きれいな段ボールで、納品すると、気持ちも良いです。

白井さん、ありがとうございます。使わせていただきます。

白井さんからの段ボール.jpg

こんな段ボール箱です。

これからは、皆様への納品は、『福益工業所』さんの段ボール箱で、させていただきます。(^^)

 

そして、白井さんのキャッチフレーズをご紹介させていただきます。
 
 

『WEBでは箱は売らない「町の気のいい箱屋さん」

精密仕切りオリジナル仕切り 脳トレ仕切りのプロショップ

困っているところをスッキリ解決
  仕切りコンサル♪

     日本で唯一の仕切りコンサルタント

福益工業所(フクマスコウギョウショ)の白井です。』

 

です。ぜひ、ホームページもご覧ください。

 

エレガントな着物ライフをご提案します      嵯峨乃や

私のお客様であります、岐阜県中津川市福岡の、アボウオーキッドさん。

 

アボウオーキッドさんは、リカステというランの花を専門に栽培されています。

 

こんなお花です。

リカステ

リカステ がくが3方向に開いて正面から見ると正三角形に見えるラン

 

アボウオーキッドさんは、リカステ栽培では、世界的にもたいへん有名で、品種改良と栽培技術の解明をされています。

 

と、ここで、紹介したいのは、そのアボウオーキッドさんが、今年から栽培を始められている「フルティカ」というトマトです。

 

「フルティカ」というトマトは、中玉で、糖度が最高レベル7~8度だそうで、とても食感のいい、フルーツとして食べれるトマトです。

フルティカ

ハウスの中で、成ってました

ハウスの中に入ると、暑いですが、きれいにされているので、さわやかな感じがします。

フルティカ栽培

 

アボウオーキッドさんが、挑戦されているのが、袋に中に入った土に栄養分などを入れて、栽培されることです。

 

こういう栽培をすると、植物に与える影響が、良くも悪くも、とても速いらしいのです。

その分、難しさもあるとのことでした。

 

トマトを少しいただいたのですが、果肉がしっかりしていて、甘くて、とてもおいしかったです。

 

リカステを、専門にされておられているアボウオーキッドさんが、そのノウハウを駆使して、トマトに挑戦をされていることに、興味を持ちました。

 

そろそろ、アボウオーキッドさんの「フルティカ」も市場に出回ることでしょう。(^^)

恵那商工会議所さんを通して、知り合いになった、織工房 光雲(こううん)さんを紹介させていただきます。

 

まだ、大々的に看板を掲げていらっしゃるわけではありませんが、9月には、広告出してやっていきたいとおっしゃってました。

 

看板を掲げていないと言うのは、うちも同じようなもので、私の足とこのホームページとお客様からのクチコミで、嵯峨乃やもやっていますので、同じようなものかと・・・

と、うちのことはさておき。

 

同じ恵那市武並町で、すぐ近所にあります。

店主さんは、氷室光子(ひむろみつこ)さん。

とっても、器用で、様々な依頼に応えて、作品を制作されています。

武並町光雲1

一つ一つ手作りです。

武並町光雲5    武並町光雲6

 

こんなバッグ面白いでしょう。と見せていただきました。

昔バイクに乗っていたとき、肩からかけるバッグを持っていたことを思い出し、自転車で買い物などされる方にいいなぁ〜と思いました。

武並町光雲2

ONLY ONE というブランドで、順次発表していかれるそうです。

武並町光雲3

武並町光雲7

 

娘さんと一緒に、やっていかれるそうですが、娘さんは、アクセサリー担当。

親子して、器用です。(^^)

 

正式なスタートになれば、また紹介しようかなと思っていますが、プレスタートはされていらっしゃいますので、ご興味ある方は、こちらまで。

 

岐阜県恵那市武並町竹折473‐4

電話 0573-28-2385

織工房 光雲 (おりこうぼう こううん)

代表 氷室光子

岐阜県武並町にある「kurumi」(くるみ)。

美容室です。

 

義妹の同級生がやっているお店なので、うちの家族が、みんなお世話になっています。

もちろん、私も・・・(^^)

美容室kurumiエントランス

 

なんとも、ほのぼのした美容室ですが、嵯峨乃やのお客様も結構ファンが多くて、「kurumi」の話題になったりします。(^^)

 

うちのそれぞれの家族が知らないことを知ってます。この前も長女がそんなことを言ってたなんて、「kurumi」さんで、情報を得ました。(^^ゞ

美容室kurumi1   美容室kurumi店内

 

シャンプーしてもらったあと、起き上がると、目の前に田園風景が、見える。(^^)

ほのぼのしています。

 

JR武並駅から歩いて約2分。

ちょっと、車を置かせてもらって、電車で名古屋に行く、お客様もいるとか。

お客様のお役に立っています。(^^ゞ

 

美容室「kurumi」

 

要予約です。TEL:0573-28-3880

3月20日にオープンした、中津川市の美容室の紹介です。

 

「Dozo」さん、呼び方は、「ドウゾ美容室」ですかね。(^^)

 

場所は、

岐阜県中津川市手賀野422-1 第三石原ビル1F(通称レンガビル)

(クリックすると、地図が出ます。)

 

「Dozo」さんの案内は、

 

『中津川インターに向かってR19を走ってゆくと。。。。
プリンス松葉様→ファミリーマート様→美髪サロンドウゾ→イエローハット様 の順番です。
わかりやすい場所だと思います。』

 

とのことです。

 

では、入口から・・・

Dozo美容室

 

ピンクの壁で、可愛らしい、ですね。

 

ピンクサロンで、「ピンサロ」だそうです。(^^ゞ。

Dozo美容室店内1Dozo美容室店内2Dozo美容室店内3

 

明るくて、かわいらしい店内です。

 

お客様に、ゆっくり楽しんでいただきたいとのことで、完全予約制です。

 

オーナーさんのブログは、こちらです。

 

オーナーさんは、中津川の方ですが、中国にも、お店を持っておられ、日本が二号店。インターナショナルです。

 

どうぞ、どうぞ、「Dozo」美容室へ。\(^o^)/

 

今日は、お客様のご紹介をさせていただきます。

 

岐阜県中津川市福岡にある社会福祉協議会様です。

 

中津川市社会福祉協議会様は、地域の福祉事業をされておられます。

介護事業や障害者の自立支援事業などが、主なる事業ですが、その中で、貸衣裳事業をもされております。

 

主に、婚礼用の衣裳が大半なのですが、目を見張るのは、そのレンタル価格です。

 

新作のドレスや打掛が、一般の貸衣裳社さんのレンタル価格の半額から1/3くらいでしょうか。

中津川市の経営ですから、儲けより、多くの方にご利用をいただきたいということでしょうか。

 

毎年、きちんと仕入れにも行かれ、新しい衣裳もたくさんあります。

 

中津川市社会福祉協議会1

とても、明るいお店で、衣裳合わせは、1組限定で、ゆっくり見ていただけます。

 

中津川市社会福祉協議会ブーケ.JPG

ドレス合わせのためのブーケもたくさんあり、雰囲気をその場で知ることもできます。

 

中津川市社会福祉協議会ゲストドレス

これがすごい!

最近は、列席者用のゲストドレスにもたいへん力を入れられており、100着以上あるそうです。

また、価格も10,000円前後くらいでレンタルできるそうです。

 

 

中津川市社会福祉協議会2

赤ちゃんのお宮参り用の衣装もレンタルがありますと、おっしゃってました。

中津川市だけではなく、恵那、瑞浪、土岐は、もちろん、名古屋や、遠くは大垣からもお客様がこられるそうです。

単に低価格だけではなく、ゲストドレスや留袖、モーニング、七五三衣裳、振袖、赤ちゃんの着物まで。貸衣裳のカテゴリーを増やして、お客様のニーズに合わせたお店です。

 

ご連絡や詳細は、中津川市社会福祉協議会婚礼衣装貸出事業をご覧ください。

 

マルコ醸造塩麹キット

最近、流行っている「塩麹」(しおこうじ)を仕込んでみました。

 

岐阜県恵那市の明智の「マルコ醸造」さんで、生麹と塩をセットにして販売されています。  

1セット、735円です。

内容は、生麹 450g

    塩  130g   

                                                                                      です。

 

では、いよいよ仕込んでみます。

 

まず、麹を細かくほぐして、ボウルにいれ、塩を加えて、かき混ぜます。塩は、お好みでいいよ、と、おっしゃてましたが、ここは、レシピ通りに、行います。

 

そして、水、600ccを加えて、混ぜ合わせます。

塩麹作成1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、大きめのタッパーに移しかえて、
 
 
塩麹作成2
 
 
 
 
 
 
 
表面を平らにして、フタをゆるく締めて、常温で、発酵させます。
なんか、ダマが残っていますね。大丈夫なんだろうか…(^^ゞ。
 
塩麹作成3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちは、大家族なので、「なに、これ?」と言われて、ほったらかされないように、フタに、レシピを貼り付けて、存在をアピールしておきました。
 
とっても簡単でした。
常温で、1週間〜10日で、おいしい「塩麹」になるのだとか。
楽しみです。

フタをゆるく閉めるのは、発酵の時の、二酸化炭素を逃がすため、1日1回は、かき混ぜる、できあがったら、発酵の進みを抑えるため、冷蔵庫に密封して入れる、と注意書きがありますので、レシピ通りに、楽しみたいと思います。

 

 

塩のこーじ君

福井市で、「塩野コージ君」という、ゆるキャラで、「塩麹」をアピールしているそうです。

効能は、食べ物がおいしくなるそうで、この「塩麹」の作用で、デンプンやタンパク質が、アミノ酸に変わり、うまみが引き出されるのだそうです。

 

そして、栄養価が高く、抗酸化物質が、抽出され、免疫力が高まるそうです。

 

 

食品の保存性も高くなるので、すごい調味料です。

お肉が、柔らかくなって、うまみが引き出され、体にとってもいい「塩麹」。

 

 

しばらく先ですが、大事に育てて、楽しみたいと思います。

 

いつもお世話になっている、恵那市にある着付け教室の「恵雅文化教室」さんで、「毎月月初めに、みんなで着物を着て、ランチに行きましょう」という授業があるので、のぞいてみました。

もちろん、すべて自分で着て、出かけるのです。

この日は、とても寒くて、雪が舞って、とても出かける日ではなかったので、着付けだけになり、授業の風景をちょっと撮らさせていただきました。

恵雅文化教室風景

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全身が映る大きな鏡の前で、お太鼓を作るところです。
先生は、「お太鼓が基本、でも、一番難しいのよ。お太鼓で、始まり、お太鼓で終わる、と言っても、過言ではないのよ。」と、言いながら、丁寧に、教えられていました。

帯締めをしめる

 
 
 
 
 
 
帯締めを締めます。指で押さえ、結ぶ方向と、始末の仕方を、実演。
 
帯の下準備
 
 
 
 
 
丁寧に下準備をして、帯を巻きつけていきます。

   

 

そうすると、お太鼓の横から見える手先が、表の柄で作れます。

帯の手先1

 

 

 

 
 
多々良恵子先生大変素敵な、多々良恵子先生です。
多々良先生は、着付け教室の他、エアロビック教室も一緒にされており、パワフルで、ハツラツとされています。魅力的です。

岐阜県恵那市の恵雅文化教室様でした。

 

「着物を着て出かけよう。」は後日、取材させていただきます。(^^)

 

私のいとこが、京都で、ギター制作・修理をやっています。先日、ホームページを作るのに、相談がありました。私のホ-ムページを見て、どうやってつくるの?どうしたらいいだろう?と。一応、自分がやったやり方を伝えました。

すると、どうでしょう。

2日くらいで作ってしまいました。

なかなか、素敵じゃないですか。

やっぱり、若い感覚はすごいですね。

これから、どんどん改良していくとのことでした。負けてられません。私もどんどん改良して、お客様が喜ばれる自分自身になって、情報の提供、商品の提供、をしていきたいと思いました。

一度、覗いてみてやってください。

 

NishiharaGuitars

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee