衣装ケース・タンスの最近のブログ記事

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

嵯峨乃やは、お客様のニーズに応えて、お客様の生活にお役に立つべく、日々活動しています。

ここで、嵯峨乃やが、お客様にできるサービスや販売できることをまとめておきます。

まず、着物クリーニング、着物のシミ抜きです。着物を美しく保管いただきたい、そして、次回のご着用の際に憂うることなく、保管いただくためのサービスです。

そして、各種着物仕立て、染め替えなども承っています。

 

そして、着物リフォームをいたします。タンスの中で、次の活躍の機会を待っている着物にチャンスを与えるべく、特に、アロハシャツへのリフォームを提案しています。

着物リフォームシャツ

 

そして、昨年秋に新製品発表をしました、五本指下駄の販売をしています。

ブランド名は、GETALS(ゲタル)といいます。足を五本指に開放することで、健康を促進させます。

GETALSイメージ写真

GETALS(ゲタル)は、意匠登録、商標登録の出願中です。

http://www.kimono-saganoya.com/getals/    が、ページです。

 

そして、今年の春に発表ができる予定ですが、檜を使ったチェスト(小タンス)の販売をいたします。

これは、Facebookページの 「檜deチェスト」(https://www.facebook.com/cypress.chest.jp)で、プロジェクトの詳細を投稿しています。

 

嵯峨乃やは、上記のサービスで、お客様のニーズにお応えします。

今年一年よろしくお願いします。<m(__)m>

 

GETALSイメージバナー    GETALSのページ         嵯峨乃やバナー180×88.JPG     嵯峨乃やのページ

 

嵯峨乃やで、新たな取り組みをしています、ヒノキを使った衣類保管のためのタンスの開発が始まっています。

少し、その経過を報告いたします。

現在、サンプルを作成して、たわみやゆがみに対する試験を行っています。

ヒノキとキリの合板試験サンプル

試験サンプル材

この試験で、一番有効な、ヒノキとキリの合板材を選定します。

ヒノキ2mm試験サンプル  ヒノキ6mm試験サンプル.JPG

ヒノキ2mm材                    ヒノキ6mm材

有効な合板材が選定できましたら、次は、湿度についての試験をします。湿度についての試験は、カビの発育を抑えるための湿度調節ができるかどうかが、重要になってきますので、これからの試験は、慎重になっていきます。

 

嵯峨乃やバナー180×88

東濃ヒノキを使った衣装ケースを作るために、第一歩を踏み出しました。

私の住まいの地域には、一大優良ヒノキ林があります。そのブランド名が、「東濃ヒノキ」です。

そして、ヒノキには、人間の生活に役立つ効能があります。特に、私が勧めていきたいことの効能としては、「防虫効果」「抗菌効果」「防湿効果」「断熱効果」です。そのために、検査を十分に行って、製作をしていきます。

この、サンプルは、検査のための打ち合わせ用です。

東濃ヒノキと桐の合板

東濃ヒノキと桐の合板

ヒノキからは、ヤニなどが、木材から出てきて、衣類を汚してしまう可能性があります。ですので、東濃ヒノキと桐の合板で、新商品の製作をします。新しい考え方であるので、消費者に、ご納得いただける検査を行った後、製品化をします。

東濃ヒノキの効能

美しいヒノキ材を使って、タンスを作ります

 

嵯峨乃やバナー180×88

かねてから念願の計画の承認がされました。(*^^)v

「経営革新計画」という計画書を岐阜県に提出していたのですが、この度、その承認を受けました。

これで、「嵯峨乃や」が、まったく違う事業をするということ、ではありません。ご安心ください。今まで通り、「着物クリーニング」「着物リフォーム」、細かくいいますと、シミ抜きや、色補正、仕立てに関わることなどは、変わらず行っていきます。

ただ、「嵯峨乃や」は、新たな商品開発をしていきます。

私は、着物の保管に関して、特別な思いを持っております。着物を美しく着るには、保管が大切である。という、持論を持っております。

カビ菌や害虫に着物をやられない衣装ケースやタンスを作ることができないだろうか、と日々考えておりました。

そこで、この承認を得られたということで、一歩、その思いの実現に近づく事ができるようになったわけです。

「嵯峨乃やの日記」で、今後の展開をつづってまいります。

もちろん、効能や性能なども、掲載していきます。今後、こうご期待あれ!です。

経営革新承認

これが、岐阜県から承認を受けた通知書です

今後の「嵯峨乃や」をお楽しみになさってください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

木曽ヒノキのある神宮備林

木曽ヒノキを擁する神宮備林

森林浴とは、樹木に接し、精神的な癒しを求め、健康になるために、ひと時を過ごすことですね。

この写真を見ても、森林浴にはなりませんが、木に接すると、森林浴になります。

これは、「フィトンチッド」という物質が、作用していると言われています。木々が発する香りのことです。木のいい香りは、植物が、害虫や細菌から身を守るために、発散する香りで、防虫や殺虫、殺菌の効果があります。

そして、この香りは、虫や菌に対する効果であって、人間には、とても有益に働くのです。

人間には、精神安定や体の調整に、とても役立つ香りなのです。

こんな例があります。山の中で働く人たちは、二日酔いや、ちょっとした風邪、あるいは軽いノイローゼ等は、仕事をしている間に治ってしまうと言われているそうです。

これがいわゆる森林浴の効能、フィトンチッドの吸収効果なのです。

木曽ヒノキ300x450

木曽ヒノキ

そして、その「フィトンチッド」は、ヒノキから多く発散されます。

つまり、ヒノキを使った建造物や木工品には、防虫・殺菌・精神安定効果が必然的についてくるということになるのでしょうか。

木の香りには、人をリラックスさせ、ダニの行動を抑制する効果があると、森林総合研究所の実験結果も発表されています。

ヒノキは素晴らしい木ですね。(^^)

 

嵯峨乃やバナー180×88

ヒノキのいい香りが、私たちの生活にとても有用な効果をもたらします。

 

ヒノキには気分を落ち着かせる効果や抗菌効果などをもつ有用な物質が多く含まれていることが報告されています。

アロマ効果によるリラクゼーションは、ホッとした気分になり、一日の疲れもすぐにとれそうです。

 

あと、防虫・殺菌効果は、このヒノキの香りが、効果を発揮してくれます。

この効果は、「フィトンチッド」と呼ばれています。旧ソ連のB.P.トーキン博士は、『フィトン(植物)が、チッド(殺す)』と名付けました。高等植物が傷つくと、傷口を菌や細菌などから守るために、周囲の生物を殺す物質(フィトンチッド)を出すことに由来しています。

フィトンチッドは、植物にたえず進入しようとする有害な微生物(菌や細菌)や、有害な昆虫から身を守るために植物自身がつくりあげてきたと言われています。

香りを発することで、害虫から身を守るのですね。

そして、この香りは、人間には心地よくて、リラックスさせてくれます。

 

今、私はヒノキに取りつかれていますが・・・(^^ゞ、

ヒノキ(それも、木曽(東濃)ヒノキ)から抽出したエッセンシャルオイルで、ヒノキの香りを楽しみながら一日を過ごしております。

 

ティッシュに一滴たらして、香りを楽しみ、お風呂に一滴たらして、アロマバスで疲れをとり、ゴミ箱の消臭にも、一滴。というふうに、ヒノキの香りを楽しんでおります。

このオイルは、中津川市の加子母森林組合で販売しています。

1個800円です。毎日一滴づつ使っても、3ヶ月くらいはもちそうです。

ひのき葉オイル

加子母のひのき葉オイル

 

嵯峨乃やバナー180×88

木曽の上松町の木曽官材市売協同組合さんで、「木曽ヒノキ」に関するお話を聞いてきました。

木曽地域のヒノキを扱う会社の方々が作った組合で、木曽ヒノキを販売する市場になっていますので、木曽ヒノキに関しては、たくさんの情報を持っていらっしゃるということで、お邪魔いたしました。

総ヒノキでできたお部屋で、いろんな話をしてくださいました。

部屋に入った時から、ヒノキのいい匂いがして、会話が弾みます。(^^)

 

ヒノキの効用には、防虫効果があります。

総ヒノキのお部屋は、約10年前に作られたのですが、毎年一回の大掃除はされるものの、蜘蛛の巣は、ほとんどないらしく、過去一回だけ、わずかな蜘蛛の巣を発見されたくらいだそうで、防虫効果は、このお部屋で証明されています。

 

ヒノキの展示場天井

防虫効果の証明に、蜘蛛の巣を作ってしまいそうな天井の角を撮っておきました。(^^)

 

そして、木曽ヒノキは、とても丈夫です。堅いという表現になるのでしょうか。

木曽ヒノキは、伊勢神宮の御神木に使われています。それは、周知のことだと思いますが、式年遷宮のときには、参道に架かる宇治橋の架け替えもされます。その橋も木曽ヒノキであり、こちらに、架け替えされた後の床板が記念板としてありました。

床板ですから、人が歩いたり、風雨にさらされたり、過酷な条件に20年間あったにもかかわらず、損傷は、下の右写真に写っている、数センチの傷ですんでいるのです。

宇治橋の床板  宇治橋の床板の損傷

宇治橋の床板、20年間の環境も損傷は、数センチの傷のみ

 

 

木曽ヒノキ市場内

市場組合ですので、販売される木曽ヒノキが、大胆に置いてあります。

一本何百万円もするとか、柾目できれいに製材された木材が、たくさんありました。たいへん勉強になりました。ありがとうございました。

 

嵯峨乃やは、木曽ヒノキを使った、着物保管ケースの商品化を模索しております。

 

嵯峨乃やバナー180×88

ヒノキという木は、たいへんに素晴らしい木です。今、研究をしておりまして、なんとか形にならないだろうかと考えています。というのも、現在販売している、総桐製衣装ケースに、ヒノキが使えないだろうかということです。

もちろん、タンス類には、桐がいいのは、わかっているのですが、ヒノキを知れば知るほど、人間の生活において、快適さや心地よさをヒノキに感じてしまうのです。

ヒノキには、調湿効果、防虫効果、断熱効果、と、これだけを見れば、着物の収納には完璧で、他はなにもいらないと思ってしまいます。しかし、それに加え、ヒノキの香りによるリラクゼーション効果がプラスになれば、生活の快適さがさらに広がります。

そして、私どもの「嵯峨乃や」がある岐阜県東濃地域は、長野県の木曽と隣接しており、有名な木曽ヒノキの産出場所でもあるのです。

これは、皆様にお伝えしたい絶好の材料であります。

 

研究機会あるたびに、これからこの「嵯峨乃やの日記」で、ご紹介をさせていただきたいと思っています。

ヒノキの森

木曽の山 木曽ヒノキと呼ばれる木々が生えています

 

嵯峨乃やバナー180×88

嵯峨乃やにて、販売しています総桐製衣装ケースに取っ手が標準仕様で、付くことになりました。

衣装ケースは、女性が扱うことが多いため、上げ下ろしには、取っ手の有無が、重要です。

そのため、この度、取っ手を標準仕様とすることにいたしました。

総桐製衣装ケースコンテンツ350×525

嵯峨乃やの総桐製衣装ケース

 

衣装ケース取っ手標準仕様    衣装ケース取っ手拡大

上記のように取っ手が標準で付きます。

 

保管のためのケースですので、頻繁に、移動させないとならないことはありませんが、いざというときに便利にご利用いただけると思っています。

 

エレガントな着物ライフをご提案します。      嵯峨乃や

岐阜県中津川市の付知と加子母にまたがる国有林であります「神宮備林」(じんぐうびりん)に行きました。

 

許可がないと入れない山に友人の好意で、見学することができました。ありがたいです。

 

「神宮備林」とは、伊勢神宮始め、全国の神社の建造物を作るためのヒノキを蓄えておき、必要に応じて、切り出すための森です。

 

柱に使うヒノキは、だいたい300年くらいの木を使うそうで、壮大な計画のもと、半人工的に自然繁殖をさせた森林で、神秘的なところでした。

神宮備林(中津川市)500

神宮備林

ヒノキとサワラの合体木500

ヒノキとサワラの合体木

サワラを切り出した株に、ヒノキが根付いて、自然にできた合体木など、森の神秘を感じます。

伊勢神宮式年遷宮の御神木切り出し後500

 

伊勢神宮の式年遷宮が20年に一度行われることを、計算すると、ざっと、1200年続いている行事に使われたヒノキです。

 

また、内宮と外宮の御神木は、切り出す時に「人」の文字になるように、うまく切り出されるそうです。

 

また、「三ッ緒伐り」と言って、三本の足で立つように斧をいれ、うまく切り倒すそうです。

木曽ヒノキ500

木曽ヒノキ

 

ちょっと経験できない山歩きをしてまいりました。

 

東濃の、うちのこんな近くに、こんな素晴らしい森があるなんて、感動の発見でした。\(^o^)/

 

 

エレガントな着物ライフを応援します        嵯峨乃や

ホームページへ

最近のコメント

ウェブページ

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee