ねずこを使ったGETALS

神宮備林.jpg

 

木曽五木

 古くより木曽の山は建築材として貴重な木材を数多く産出していました。関ヶ原の戦い後の江戸時代になると、城郭・城下町・武家屋敷・造船などの建築がより一層進みました。そんな、建築ラッシュに、木曽の山も森林の伐採が進み、山々は荒廃してしまいました。
 
 そこで、木曽の山を管理していた尾張藩は、森林の保護政策を行ないました。「ひのき」の伐採が禁止されたのです。後に、誤伐採を防ぐため、ひのき種の「あすなろ」、「さわら」、「こうやまき」、「ねずこ」の伐採が禁止されました。「木一本、首一つ」ともいわれるほどの厳しい政策の「留山制度」がとられました。
 
 この伐採が禁止され保護された、五種類の樹木を「木曽五木」といいます。このような政策は、山々の荒廃に悩んでいた全国の藩の模範となり、各藩の政策に採用されていったそうです。
 
木曽五木.jpg
 
ねずこ
 
 「ねずこ」は、その五木のうち最も寒冷の気候に耐え、2,000m以上の所にも天然の分布が見られる木です。一般には湿地や陰地に好んで成育します。
 
 材質の特徴は、木目が細かく通り、芳香を放ち、色合いは黒褐色で渋味があり、耐湿性が強く、材が軽いことです。木目を活かした机、茶だんすなどの家具、天井板、建具材に用いられています。また、ヒノキチオールの抽出などに使われています。
 
 
 
木曽特産の「ねずこ」下駄 
 
 江戸時代から「ねずこ」を使った下駄は、木曽の特産として有名でした。特徴である軽くて水に強いことが重宝され、人気の一品でした。中山道を馬の背に揺られながら、江戸や尾張、京・大坂へ運ばれたそうです。
 
 
 
 
GETALSは「ねずこ」製
 
 木曽地域の木材を使用した、日本の伝統と、新しい感覚を掛け合わせたGETALSは、まさに、日本国産です。「ねずこ」の芳香、肌触りのよさ、歩きやすさ、抗菌性のある材質は、細菌をも寄せ付けません。「ねずこ」で作られているGETALSで、毎日の健康維持を楽しんでください。
 
 
 
 
GETALS前250.jpg GETALS後250.jpg
 
 

お申し込みに関するお問い合わせ
TEL   0573-28-3171