着物保管(虫干し編)

 

着物にとって一番の敵は湿気です。

タンスと壁の間には少し間を開け、風通しをよくしましょう。

これが、第一歩です。

タンスの中には防湿剤と防虫剤を入れましょう。また、こまめに交換するようにしてください。これが、なかなかできません。何年も替えていないことはよくあることです。交換は、定期的になるように決めましょう。何月にとか、虫干しの時に、というように… 

そして、薬剤は、着物に触れないようにご注意を。

 

虫干しについて。

 

着物の虫干しの目的は、 

1 湿気を取り除くこと

2 言葉のごとく、虫を取り除くこと

3 着物を点検すること       です。

 

時期は、

①7月下旬〜8月下旬

②10月下旬〜11月下旬

③1月下旬〜2月下旬        です。

いずれも湿気の少ない時期に着物を干します。

 

虫干しの意味は、   

①土用干し…梅雨で湿気た衣服を乾かします。

②虫干し… 夏についた虫を追い払い、掃除します。

③寒干し… 衣服の湿り気を抜くのが目的です。

 

虫干しは、晴天が2日以上続いた晴天の日を選んで、行います。だいたい10:00~15:00の4時間程度行います。

そして、着物を裏返しにして、風通しが良く、陽が当たらない場所に、着物ハンガーに一枚ずつ掛けて、干します。裏返しにするのは、日やけするのを避けるためです。部屋の電器も消しましょう。

虫干しのときは、着物は、陽があたらない場所ですが、たとう紙は、太陽にあてて、良く干しましょう。たとう紙についている、虫やカビ菌などを太陽にしっかりあてて、殺菌します。  

タンスの引き出しは、その虫干し中、開けっ放しにして、空気を入れ替えるようにしましょう。

そのとき、古くなっていたり、色が変わった、たとう紙は交換をしましょう。 たとう紙が、汚れてきたり、黄色く変色してきたりすると、カビや虫に犯されている可能性があります。開けてみて、着物に異常がなかったとしても、同じたとう紙では、じわじわと着物に害を及ぼす可能性があります。たとう紙が汚れてきたら、新しいたとう紙に取り替えましょう。

 

もし、虫干しの時間は取れないけれど、少しの時間はあるという方は、着物の点検をしながら、(たとう紙から着物を出して、)引き出しに入っている着物の順番を変えてみるのもいいと思います。その時は、引き出しの中の薬剤や敷き紙も取り替えましょう。 

 

虫干しが終わったら、たとう紙にきれいに畳んで入れ、タンスにしまいます。その時に、防湿剤や防虫剤を取り替えてください。薬剤は、着物には、触れないようにご注意ください。

虫干し後は、着物を点検してください。カビやシミがついていたら、専門家へ相談してください。そのまま置いておくと取れなくなって、せっかくの大切な着物が着れなくなるかもしれません。

虫干しは、年に一度はやっていただきたいことです。どの時期の虫干しでもいいので、年に一度はしていただきたいという意味です。ただ、時間のなかなか取れない方も多いことでしょう。そこで、グっと大まけして、タンスの引き出しを半日くらい開けて、空気を入れ替えることをしていただいても、多少の効果はあると考えます。

現代の家は昔と比べて密閉度が高く、湿気がこもりやすい構造になっています。繰り返しになりますが、着物にとって湿気は大敵です。湿気をこもらせない保管が大切です。

お申し込みに関するお問い合わせ
TEL 0573-28-3171