着物保管・メンテナンス

 

着物の保管は面倒なことではありますが、大切に保管していただければ、いつまでもずっと着ることができます。当然ですね。

 

シミが付いて着られなくなったから、タンスの中にずっと入れっぱなし、だとか、シミのために捨ててしまった、などのお話を聞くと、なんだか悲しくなります。そのために、シミを付けない着物の保管を考えていきたいと思います。

昔は、洋服ではなく、和服でした。扱いの容易さや機能性、見た目などで、普段着るものが、着物から洋服に変わってきており、今や、着物は高価なものになってきました。日本の伝統行事のために伝統衣服を着るというように、希少で、高価なものになってきました。また、着用するにもたくさんの小物が必要です。着るにもなかなか一人では着にくいものです。

そうすると、より簡単にしてしまうか、もっと手の届きにくいものにしてしまうか(それで、価値を上げて希少性のあるものする)、両極端になってきています。総じて、中途半端に高価なものという感は否めません。

 

そのように高価な着物は、生地や染めの関係上、洗うにもやはり高価になってしまいます。洋服のクリーニングというわけにはいきません。

そこで、普段の保管や扱い方に注意することで、手遅れになることを避けようと思った訳です。少しでも、長く、きれいに持っていただきたい、そんな思いで、書いております。

お申し込みに関するお問い合わせ
TEL 0573-28-3171