「作り帯」と一致するもの

作り帯講座の後半です

作り帯講座の二回目(後半)を行いました。

縫製は続きます1   縫製は続きます2

今回も、ひたすら縫製が続きます。が、一回目で、多少慣れてきたのか、勘を取り戻されているのか、手つきはよくて、早いです。

帯を締める器具   器具を取り付けるとこんなふうになります

今回は、羽根の形を整えて、装着便利器具に、帯を取り付けるのがメイン作業です。

上の写真、左の器具を、右のように取り付けます。

 

そして出来上がった帯がこれです。

ピンクの作り帯完成

実際に締めてみると

実際に、着付けてみました。振袖に締めても合いますね~。(^^)

文庫ふうにできました

帯の質感や、柄などで、形状が、多少変わってしまいます。こちらの紬の帯は、このような文庫風になりました。

紬に合います

これで、簡単に着物を着ることができます。いろいろなコーディネートをされて、着物ライフを楽しんでいただければと思います。

たいへんにお疲れ様でした。たのしく教室を開くことができました。ご希望やご要望、ご意見を聞きながら、また、開催の機会を見つけていきたいと思っています。

 

嵯峨乃やバナー180×88

作り帯講座始まりました

作り帯講座を開催しました。

作り変えたい帯を持ってきていただき、裁縫の始まりです。

作り帯講座雰囲

講座というよりも、実際に作るクラフト教室という感が強いです。(^^)

手も動かしますが、おしゃべり(お口)も、手に負けないくらい動きます。(^^ゞ

作り帯講座 帯を切ります  作り帯 縫っていきます

構想を練って、裁断し、形を作って、縫い合わせていきます。

作り帯で着付けました

見本は、これです

年齢や、帯の柄や、想定される着物によって、多少形などが変わりますが、このトルソーに着付けた帯を目指して、作っていきます。

二回の講座ですので、次回に出来上がります。

とても楽しく開催できました。次回、出来上がりをご覧ください。

 

嵯峨乃やバナー180×88

作り帯講座を開催します

かねてより、ご提案しておりました「作り帯」講座を開催することになりました。

古くなって、使い道がないだろうなと思うような帯を、可愛く結び目を作った帯にすると、新しい使い道ができて、使われなくなった帯がまた、日の目に当たることができるのではないだろうかとの思いで、講座を開きたいと思います。

たとえば、おばあちゃんが使っていた帯を、お孫さんの七五三の帯に。

      浴衣の帯を作り帯にして、簡単に装着できるように。

      小紋やつけ下げだったら、お太鼓でなくて、このような帯でも、楽しめるのではないだろうか。

と、思っております。

作り帯作成7

作り帯講座は、3月に、恵那市と中津川市で開催します。

講座は、2時間を2回の合計4時間。お裁縫ご経験がなくても、簡単にできます。私にも、出来ました。(^^)

実際に眠っている帯を、作り変えていただきます。

講座の中で、そのポイントややり方を丁寧に講習いたします。

メイン講師は、恵雅文化教室の多々良恵子先生にしていただきます。

 

詳しくは、「嵯峨乃や」のホームページの作り帯講座をご覧ください。多数のご参加をお待ちしています。

 

 

嵯峨乃やバナー180×88

作り帯講座準備中です

かねてからの懸案だった「作り帯講座」が動き始めました。

今年の七五三には、間に合いませんでしたが、一定の作成方法を相互に確認しようということになり、集まりました。

作り帯作戦会議

使わない帯を持ち寄り、まずは、作戦です

楽しいことに、帯談議や、帯の譲渡が始まってしまいました。使わない人がいれば、欲しい人がいるんですね。

 

名古屋帯before

子供用にピッタリのかわいい帯です。昭和の初めころの帯です。

まず、この名古屋帯で、やってみることにしました。

 

作り帯作成1

採寸をして、

作り帯作成3

結び目の部分と胴巻きの部分にわけます。

作り帯作成2

幅を合わせて、

作り帯作成4

結び目を、

作り帯作成5

作っていきます。

作り帯作成6

胴巻き部分を整え

作り帯作成7

仮の形が出来上がりました。

これをきちんと、縫って、形を整えていけば出来上がりです。

使っていない帯の再利用として、七五三や、浴衣用に作り帯を作成しようとのご提案です。

講座を設ける予定ですが、まだ、調整ができていなくて、ご案内ができません。しばらくお待ちください。

ただ、お急ぎの方は、ご相談ください。個別で、対応させていただきます。(^^)

 

 

エレガントな着物ライフをご提案します       嵯峨乃や

作り帯

「作り帯」とは、簡単に帯が締められるように、あらかじめ、結び目を作っておいた帯のことです。

 

本来なら、きちんと帯結びをするべきでしょうが、子供さんが着物を着る時などは、「作り帯」をあらかじめ作っておいて、着させることが多いのです。

 

お子さんですから、体も出来上がっていませんので、帯が緩んできたり、着付けをする時間短縮にもなります。

 

少々ご紹介をさせていただきます。

作り帯1

作り帯

このように帯の結び目を作っておきます。

 

分解すると、

作り帯2

胴に巻く部分

作り帯3

結び目の部分

 

と、こんな感じになります。

 

「嵯峨乃や」では、この帯をお客様に手作りしていただこうと考えております。

 

意外や簡単に「作り帯」を作ることができます。

 

1回2時間くらいの講座を2回受講されるだけで、簡単に作り帯ができます。1回目から2回目の間に、多少宿題が入りますが・・・

 

まずは、恵那市、中津川市にて開催をします。

調整が済み次第、ご案内いたします。ご期待くださいませ。

1
ホームページへ

ウェブページ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee