タグ「着物リフォーム」が付けられているもの

留袖のリフォーム紹介です。

留袖の柄を活かして、ショールに作り変えました。

リフォームショールafter650×433

着物リフォームafter

 

留袖before200×300

before 留袖

 

ショールポケット       ショールボタン

柄の合わせの部分で、ポケットを取り付け、くるみボタンで、ポイントをつけました。

着物はもちろんのこと、洋服のショールとしても使えます。

着なくなった留袖を利用して、新しいオシャレのアイテムにご着用できます。

 

価格 10,500円(税込) ※着物の解き、洗いを含めています。

 

 

嵯峨乃やでは、タンスの中の着用されていない着物をリフォームして、素敵な着物ライフを応援しております。

お気軽にご相談ください。

 

 

エレガントな着物ライフをご提案します      嵯峨乃や

ホームページ移行中です

嵯峨乃やの日記が、書けていない状況にあります。

 

と言いますのも、現在、より皆様にわかりやすく、永年にわたって、ご愛顧いただきたいという思いで、ホームページを作り変えております。

 

この「嵯峨乃や」のホームページに記載されている情報を、これからのページに作り変えている作業を、現在行っています。

 

同じドメイン(kimono-saganoya.com)で、使えるように、手続きも済ませましたが、これからのページに移行する作業が、なかなか進んでおりません。(^^ゞ

 

時間のある限りやってはおりますが、結構大変でして・・・

 

作りかけのページは、見ることができます。

http://www.kimono-saganoya.com

です。

 

言い訳がましくてたいへん恐縮ですが、「嵯峨乃やの日記」も投稿できないかもしれません。

新しくなりましたら、改めて、楽しんでいただくとして、11月末日までは、このような状態であるかと思います。

 

ご理解をいただき、12月1日の新しいホームページの再スタートまで、お待ちください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。<m(__)m>

着物クリーニング・着物リフォーム・シミ抜きの嵯峨乃や

12月1日スタート kimono-saganoya.com トップページ画像

嵯峨乃やの2つのサービス

着物の片づけ方がわかったところで、確認した着物に目を移してみます。

 

いろんな、着物が出てきましたね。

 

思い出もたくさん出てきましたが、ちょっと不都合な着物もみつかったかもしれません。

 

カビシミがあったり、虫に食われて穴が開いている着物も出てきたかも・・・です。

 

ショッキングな出来事ですが、この事実に向き合いましょう。

 

この着物をさて、どうするか?です。

 

・きれいな着物の状態にして、着物のまま置いておく

・着物を違う形に作り変える

・処分する(捨てる?)

 

考えられるのは、この選択肢でしょうか。

おっと、何もしない。というのも、ありですか。(^^ゞ

 

「嵯峨乃や」では、以下の2つのサービスをご用意しております。

 

①着物クリーニングサービス

着物をきれいに保つために、洗い・染色補正・縫製などを、準備しております。

着物を蘇らせるために、あらゆる技術を使って、お客様のご要望にお応えします。

 

②着物リフォームサービス

着物を新しく生まれ変わらせるために、ご提案いたします。

洋服へのリフォーム、かばんや小物などへのリフォーム、額装にしてインテリア壁掛けなどにすることができます。

 

「嵯峨乃や」に是非、ご相談ください。

 

着物リフォーム小物1

着物からかわいい小物にも変身させられます

 

エレガントな着物ライフをご提案します     嵯峨乃や

着物リフォーム第三弾

着物を洋服にする、着物リフォームのご注文をいただき、納品をさせていただきました。

 

すると、応援をしてくださるということで、着用して、撮影をさせていただきました。

 

facebookでお知り合いになった伊藤和久さんです。

着物リフォームアロハシャツ1①650×433

着物リフォームでアロハシャツにしていただきました

 

さて、どんな着物からアロハシャツになったのか、before&afterをご紹介いたします。

 

アロハ1 before

このような、絽の道行コートでした。

 

着物リフォームアロハ1仮縫い500×750

途中、仮縫いをして、体型に合わせ、お好みの形などを聞きながら。

 

 

着物リフォームアロハ1600×400

絽のアロハシャツが出来上がりました。

 

絽は、下地布が透けて見えるので、いろんな着こなしの楽しみ方ができます。

アロハ1 after

インナーを変えると、また違ったシャツに見えます。

着物リフォームアロハ500×750.JPG

世界でたった一枚のゴルフウェアーにもいいかも。

 

タンスの中に眠っている、もう着ないかもしれないと思われる着物の再利用として、生まれ変わりました。

 

 

アロハシャツなら、女性用の着物で、十分作ることができます。

あなただけの一着を作ってみませんか?

 

嵯峨乃やの着物リフォームページをご覧ください。

着物リフォームシャツ2

着物リフォームシャツ

 

秋冬用に、と着物リフォームシャツを作成いたしました。

 

タンスの中の着用することのなくなった着物を使っての着物リフォームです。

 

柄や地色、生地の質感などを考えて、今回は、秋に着るシャツの提案です。

 

夏用は、嵯峨乃やの日記 着物リフォーム をご覧ください。

着物リフォーム2before

before 着なくなった江戸小紋

アロハ3 after

after 着物リフォームシャツ

 

若者が着るときは、前ボタンをかけないで、羽織って着るのも着こなし方です。

 

袖は八分袖くらいに作っています。着こなしは、自由にできます。

 

このように、デザインなどは、ご相談を受けながら、ご提案いたします。

着物リフォームの第二弾をすすめています。

 

前回は、夏用のシャツを作りましたが、季節は、確実に秋に向かっていきますので、秋冬用のシャツです。

 

使った生地は、女性用の江戸小紋の着物です。

 

衿をスタンドカラーにして、袖は少し長めの8分くらいです。

 

柄が単調な一色なので、ポイントに、右胸に生地を裏返してみました。

着物リフォーム2process

process 仮縫い

 

仮縫いで着てみて、衿や袖の太さや、胸の空き具合など若干の修正を加えますが、全体的には、ほぼこのような感じです。

 

今回のリフォームは、ビフォー・アフターがわかるように、着物の時の写真も残しました。

着物リフォーム2before

before 江戸小紋

 

このような、江戸小紋です。

 

まもなく、出来上がると思いますので、後日発表をさせていただきます。

 

もちろん、モデルは、私。の予定ですが、ひょっとして、かっこいい若いイケメンが登場するかもしれません。

 

こうご期待あれ。(^^)

着物リフォーム

かねてからの着物のリフォームができました。

 

女性の着物を使って、男性用のシャツを作りました。

 

まずは、私の営業訪問用としての試作品です。

着物リフォーム1a

衿を和風っぽくしてみました。

 

もちろん、モデルは、私です。

 

たいへん恥ずかしいのですが・・・(^^ゞ。

 

絽(夏用の着物)で作りましたので、透けていて、涼しいです。

着物リフォーム1b

下に着るインナーを変えてみました。

 

インナーを変えると、雰囲気も変わり、そして、透けた地から、服の色も多少変わります。

 

こういう生地で作ると、こんな楽しみ方ができます。

着物リフォーム1c

後ろ姿はこんな感じです。

 

絽の生地で作りましたので、夏っぽくなりました。

 

が、着物の生地は、さまざまな柄物がありますので、これからの季節用(秋や冬用)のシャツを作ることもできます。

また、衿などの形や、シャツの形状も、思うようにデザインすることができます。

 

タンスの中に眠っている着物を使って、普段着に着れる男性用シャツへのリフォームを提案させていただきました。

 

価格は、21,000円~です。

 

ご興味ある方は、お気軽にご相談ください。

着物リフォーム仮縫い

タンスに眠っている着物の再利用に、「洋装へのリフォーム」を提案しております。

 

そこで、実際、私が、それを着て、営業や、いろんなところでアピールをするのが、理にかなっていると思い立ち、現在、すすめております。

 

ファッションセンスや、アパレル関係の経験のない私が、浅はかな知恵を使って、考え出したのが、男性もののシャツやジャケットのようなものです。

 

デザインセンスはないので、これからの課題になりそうです。

 

また、自分がマネキンになってアピールするための洋服作りという、たいへん幼稚な活動になってもおりますが・・・(^^ゞ

 

仮縫いができましたので、ちょっと途中経過の報告をさせていただきます。

着物リフォーム1仮縫い

 

こんなシャツを作っています。

 

暑い時期に考えると、涼しげなシャツを作ろうとしてしまいます。(^^ゞ。

 

夏も一段落して、秋に向かおうとしているのに、涼しげなシャツを作り始めたことに、何とも、遅いなあと反省をしながら、早く着て歩いてみたい、とも思ってしまいました。

 

アロハっぽい形で、衿を、和服っぽくしてみました。

着物は、母が持っていた、絽の道行きコートです。女性が着ていた着物が、男性のシャツになるというのも、ポイントだと思っています。

 

出来上がりが、どんなオシャレになるか、それとも単なるシャツになるか、ウケるか、沈んでいくか・・・。

全く未知ですが、近い日に完成発表ができると思います。(^^)

 

また、二着目もすぐ始める準備が整いました。

 

是非、ご期待くださいませ。今後、ブログや、実際の姿で、発表をさせていただきます。

  1 2
ホームページへ

タグ

ウェブページ

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
伯爵様のphotodiary
ハイブリッドな木工職人木仙人
昔ながらの額縁屋さん
溶射屋
吉野聡建築設計室
北原建築の家造り日記
箱屋のつぶやき
伊勢の方舟漂流日記 ~山本憲男~
iPadとGALAXY S3とiPhone4 網野町藤井塾
Nishihara Guitars Blog
のんびりキルトライフ
花夢オーナーブログ
岐阜県商工会連合会(東濃広域支援室)スタッフブログ
みんなニコニコ医療食のよっしー
茶柱通心
花鳥風月 ~ boku1000nin eyes ~
三国街道たくみの里
伊勢の方舟女将日記~山本幸ブログ~
毎日がネコ
はやしcoffee